プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Shenzhen Huion Animation Technology

HuionがCES 2020に出展:直近に発表されたグラフィックタブレットは創造性を刺激する準備万端

HuionがCES 2020に出展:直近に発表されたグラフィックタブレットは創造性を刺激する準備万端

AsiaNet 82177 (2525)

【ラスベガス2019年12月16日PR Newswire=共同通信JBN】手書き入力デバイスの専門メーカーであるHuionは、直近に発表されたグラフィックタブレットを世界的に有名なイベント、Consumer Electronics Showに出展、来場者が新製品を手に取って体験し、デザインや描画についての考えを共通の趣味やキャリアを持つ人々と共有できるようにした。

個性を追求する現代の若者向けに特別に開発されたペンタブレットInspiroy HS611には、コーラルレッド、スターリーブルー、スペースグレーの3色がある。選べる色のバリエーションと競争力のある技術仕様に加え、HS611はメディアバーを上部にまとめて造られた業界初のペンタブレットである。ユーザーは、気分をリフレッシュしたり、タブレットで描画しながら、流れるメロディーからインスピレーションを得ることさえできる。音量はメディアバーのタッチキーで簡単に調整でき、ユーザーは曲をスキップしたり、コンピューターで実行中のプログラムを切り替えたりすることもできる。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191219/2672218-1-a
Inspiroy HS611とKamvas 13

ペンタブレットよりペンディスプレーの方がいいという人向けのKamvas 13は、Type-Cポートを2つ備え、同じく3色が用意されており、デジタルアーティスト、とりわけグラフィックス入力デバイス購入の予算が限られている美術学校生のほぼ全ての要求を満たすことができる。しかし、プロのクリエーティブワーカー、特にインテリアデザイナーの場合、パネルサイズがはるかに大きいグラフィックタブレットの方が作業がしやすく、柔軟性も高くなる。その場合、Kamvas Pro 24は十分、検討に値する。QHD画面と2.5Kのディスプレー解像度を備えたKamvas Pro 24は、Huionがこれまで製造した中で最高のディスプレー解像度を持つ製品である。さらに、パネルの両側に配した10個のプレスキーは、個別にプログラムして20の異なる機能を持たせることができる。デバイスの両側に左右対称に割り当てられたタッチバーは、左利き、右利き両方のユーザーの要望に応じられるよう特別に設計されたもので、ユーザーの要望を念頭に置き、ユーザーの関与を促し、ユーザー指向の思考で目標を達成するというHuionのスローガンを具現化したものである。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191219/2672218-1-b  
Kamvas Pro 24

あなたの創造性を解き放って共有するには、そしてHuion製品の詳細を知るには、www.huion.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
Carlos Lin
+86-18820178551

ソース:Shenzhen Huion Animation Technology

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ