プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Intercontinental Exchange, Inc.

インターコンチネンタル取引所がアブダビグローバルマーケット(ADGM)に新しい取引所を開設

インターコンチネンタル取引所がアブダビグローバルマーケット(ADGM)に新しい取引所を開設

インターコンチネンタル取引所がアブダビグローバルマーケット(ADGM)に新しい取引所を開設、世界初のマーバン原油先物契約開始へ

AsiaNet 81566

【ロンドン、2019年11月11日、PRNewswire】世界の取引、手形交換、そしてデータやリスティングサービスを提供するインターコンチネンタル取引所(NYSE: ICE)が、新しい取引所としてICEフューチャーズ・アブダビ(IFAD)の設立を本日付で発表しました。これはアブダビ国営石油会社(ADNOC)のマーバン原油に関連した、世界初の先物契約を見込んで設立されるものです。

2019年11月4日、アブダビの最高石油評議会 (SPC)は、ADNOCのマーバン原油に関して新しい価格設定システムを採用すると発表しました。これにより、マーバン原油の価格設定様式は過去の状況に基づく公式販売価格設定から、市場需要に基づく将来予測的な価格設定へと変更され、原油の先物契約が価格設定の鍵となります。SPCはさらに、ADNOCがマーバン原油販売に際して目的地制限を解除することを許可しました。ADNOCの支持を受け、SPCが認可するマーバン先物取引はICEフューチャーズ・アブダビにおいて実施されます。

IFADは、法的・規制的な枠組みとして英国慣習法を全面採用した国際金融センターであるアブダビ・グローバルマーケット(ADGM)内に設置された機関で、金融サービス規制庁から登録投資取引所として認定を受けています。

IFADで交わされた契約は、関連機関の承認を受け次第、世界的なクリアリング・ハウスであるICEクリア・ヨーロッパで処理され、ICEブレント、ICE WTI、ICE(プラッツ)ドバイそしてICE低硫黄軽油と共に手続きされることとなります。これにより、顧客は関連証拠金を相殺し、資産効用を大幅に増加させることができます。IFADとICEクリア・ヨーロッパは主要な司法機関から規制面での認可を受けるために現在動いており、この認可が下り次第、2020年前半には実用化に向かうことになります。

インターコンチネンタル取引所の理事長兼CEOであるジェフ・シュピレチャー氏は、「ICEはエネルギー貿易において、透明性の高い、開かれたデジタル市場を打ち立てるというビジョンの元に設立されました。 来年ICEフューチャーズ・アブダビが設立されれば、マーバンの先物契約は世界の原油市場で最も重要とされる各基準と肩を並べることとなります。これにより、大規模な顧客層に、規制に則り、透明かつ便利な形でマーバン原油を取引し、ヘッジしていただくことが初めて可能となります。」と述べています。

UAEの国務大臣でADNOCグループのCEOであるスルタン・アフメッド・アルジャバ―閣下博士は、「SPCによる直近の決定と、ICEによるアブダビの新規市場立ち上げは、マーバン原油の価格設定と取引にとって歴史的な意味を持つ出来事です。今回初めて、マーバン原油について、ICEマーバン先物契約により算出される市場需要に基づき、将来展望的な価格設定が行われるようになります。これは原油市場にさらなる透明性と確実性をもたらすものです。アブダビのICEフューチャーズの設立は、世界のエネルギー中心地としてのアブダビの役割を強調するもので、ADNOCがさらに現代的かつ先進的エネルギー会社として発展し続ける後押しとなるものです。」とコメントしています。

UAEの国務大臣でアブダビ・グローバルマーケットの会長であるアフメッド・アリ・アルサエイ閣下は、「ADGMは世界初のマーバン原油先物契約を立ち上げ、インターコンチネンタル取引所とADNOCを支え、お客様から選ばれる国際的機関となることを誇りに思っています。今回の改革は、エネルギー産業では大変大きな革新であり、UAEそして中東の資産市場に新たな風を送り込むものです。IFADが重要な国際取引所としてADGMグループに加わり、世界にまたがる我々の多様なコミュニティーをさらに盛り上げてくれることを嬉しく思います。」と述べています。

ICEマーバンの先物契約は、アラブ首長国連邦(UAE)のフジャイラで本船甲板渡し条件(FOB)で調達される物理的配達契約となります。 マーバン原油はADNOCの生産する、さらさらとしたスイート原油です。ADNOCは一日に約3百万バレルの油を生産しており、そのうちおよそ170万バレルがマーバン原油です。

インターコンチネンタル取引所について
インターコンチネンタル取引所 (NYSE: ICE) (https://www.intercontinentalexchange.com/about )はフォーチュン500に名を連ねる企業で、市場の現代化を目的として2000年に組織されました。ICEは取引所(https://www.theice.com/trade )やクリアリング・ハウス(https://www.theice.com/clearing )の運営、そして投資、取引、そして世界金融市場や商品市場においてリスクを管理するために必要な情報提供サービスを行っています。市場データに精通したICEデータ・サービス(https://www.theice.com/market-data )は、ほぼ全ての資産クラスに対する情報とネットワーキング提供を行っています。ニューヨーク証券取引所(https://www.nyse.com/index )の親会社として、ICEは世界の資産形成、経済成長、市場変革の場として重要な役割を果たしています。

ICEの商標そして傘下会社としてはインターコンチネンタル取引所、 ICE、ICE ブロックデザイン、 NYSEとニューヨーク証券取引所があります。インターコンチネンタル取引所や関連会社のその他の商標、知的財産権利に関する情報はこちらからご覧いただけます。 http://www.intercontinentalexchange.com/terms-of-use EUのパッケージ商品と保険付投資商品規制に含まれる主要商品情報は、各取引所のウェブサイトから「重要な情報文書(KIDS)」をクリックすることでご覧いただけます。

1995年私募証券訴訟改革法の免責条項– このプレスリリースにおけるICEのビジネスに関する条項のうち歴史的事実ではないものに関しては、「将来予想に関する記述」であり、リスクと不確実性を含んでいます。こうしたリスクや不確実性により、将来予想に関する記述に述べられている内容とは異なる結果が実際に生じる可能性があります。詳しくはICEのアメリカ証券取引委員会(SEC)ファイル(ICEの年次報告書に示されたリスク要因[2019年2月7日付でSECと共に保存されている2018年12月31日で終わる年次の10-K様式内]等)をご確認ください。

ADNOCについて
ADNOC は世界を代表する多様性エネルギーと石油化学物質を扱うグループの一つで、毎日約3百万バレルの原油と105億立方フィートの天然ガスを生産しています。14の専門家機関と合弁企業各社を傘下に置き、ADNOCはUAEの成長と多様化におけるキープレイヤーとなっています。さらに詳しくはこちら: media@adnoc.ae

アブダビ・グローバルマーケットについて
アブダビ・グローバルマーケット(ADGM)はアラブ首長国連邦の首都アブダビに拠点を置く国際金融センター (IFC)で、2015年10月21日に操業開始しました。UAEの連邦法令により同センターは広域金融センターと規定されており、アブダビが中東、アフリカ、南アジア、そして他の諸地域で発展し続ける経済の戦略的な接合点として、世界貿易そしてビジネスの中心地として果たす役割をさらに強調するものです。

ADGMの戦略は個人貯蓄、貯蓄管理、資産運用管理、金融派生商品や商品取引、金融改革、持続可能性などといったアブダビの持つ強みに支えられています。ADGM はADGM裁判所と登記庁の3つの独立した機関で構成されており、アル・マライヤ島は金融自由特区としてIFCの所轄となっています。

ADGMは登録金融機関、そして企業や組織が慣習法に基づく国際的な規制の枠組みに従って操業、改変を進め、そして事業を成功させていくことができるように努めています。開業以来、ADGMはそのイニシアチブと地域の金融・資産市場産業への貢献が評価され、4年連続で「今年を代表する金融センター賞 (MENA)」を受賞しました。

ADGMについてさらに詳しくはwww.adgm.comをご覧になるか、ツイッターで@adglobalmarketまたはLinkedInで ADGMをフォローしてください。

ICEコーポレーション
ICE 広報連絡先
レベッカ・ミッチェル
+44 7951 057351
rebecca.mitchell@theice.com

ICE 投資家向け連絡先
ウォレン・ガーディナー
+1 770 835 0114
warren.gardiner@theice.com
investors@theice.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ