プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CECEP Solar

中節能ソーラーエナジーテクノロジー(鎮江)が2件の重要な政府調達入札を獲得

中節能ソーラーエナジーテクノロジー(鎮江)が2件の重要な政府調達入札を獲得

AsiaNet 82348(0006)

【上海2019年12月30日PR Newswire=共同通信JBN】中節能ソーラーエナジーテクノロジー(鎮江)(中節能鎮江会社)(CECEP Solar Energy Technology(Zhenjiang))は、中央集中型の調達プロジェクトであるPower Construction Corporation of China(中国電力建設、PowerChina)および中央集中型の太陽光発電モジュール調達プロジェクトであるChina Energy Engineering Corporation(中国能源建設、Energy China)の2020年上半期の入札を獲得し、1年を好調に締めくくった。同社の幹部は、2件の入札獲得の成功は全部門が示したチームワークに起因しているとし、これはCECEPの市場マネジメントの品質と持続可能な発展の重視を反映している。入札の全詳細(中国語)はhttp://guangfu.bjx.com.cn/news/20191224/1030797.shtml を参照。

2019年は同社にとって分岐点となる年だった。2019年、CECEPは2つの重要分野で取り組みを行った。すなわち、既存の企業基盤の強化と、20世紀で3回目となる10年(2020年からの10年間)に突入するのに十分備えるための同社史上で2度目となる全体的な転換の着手である。2019年を通じて、社員は可能な限り努力し勤勉に働き、企業成長を効果的に推進するという最終目標を掲げ、技術の向上と機能管理の最適化において次のステップを踏み出すことにより「勇気と大胆さを備えた太陽光発電産業従事者という本来の使命を果たしている」と言えることは誇りである。

よく引用される中国の格言である「同じものを求める者は勝つ」の精神で、中節能ソーラーエナジーテクノロジー(鎮江)は取り組みを続ける計画で、実用的なイノベーションと技術イノベーションの双方を促進し支援し、既存の情報インフラストラクチャーを基に進展し、より良い品質とより高効率の製品を顧客に提供し、市場を一層拡大し、次の10年のニーズと期待に応えるために継続中のビジネスモデルの転換に着手する。

ソース:CECEP Solar

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ