プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ミスミグループ本社

東日本流通センター移転、倉庫面積倍増し「確実短納期」強化

~グローバルマザー物流拠点として国内・輸出の物流モデルを刷新~

2020年1月6日
株式会社ミスミグループ本社

 株式会社ミスミグループ本社(本社:東京都文京区、代表取締役社長CEO:大野龍隆)は、東日本流通センターを移転・拡張し、2020年1月上旬より本格稼働します。新東日本流通センターの倉庫面積は従来比で倍増(面積は10万㎡、東京ドーム2個分に相当)となり、顧客ニーズの高い「当日出荷品」をフルラインナップで在庫することで、お客さまの調達リードタイム短縮に大きく貢献します。
 また、これまでに培った「自働化」ノウハウを活用し、さらなる生産性向上と少人化を実現。国内向け・輸出向けの物流モデルを刷新し、拠点拡張と高生産性によって「グローバル確実短納期」の信頼性を一段と向上させていきます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/201912275304-O3-QXXWo41r】 新東日本流通センター外観写真

倉庫面積を倍増し、顧客ニーズの高い「当日出荷品」を増強
 東日本流通センターは2007年に設立以降、国内向け・輸出向けの物流拠点として確実短納期体制を築いてまいりました。2010年からは、FA製造装置用部品・金型部品に加えて、他社品も取り扱う流通事業を開始し品揃えを大幅に拡大。事業の成長に伴い倉庫も増設し、現在、東日本流通センターは4つの倉庫にて運営していました。
 この度、現在稼動している4倉庫のうち3拠点を移転・集約し、倉庫面積を倍増します。スペースの拡張によって、顧客ニーズの高い「当日出荷品」をフルラインナップで在庫し、お客さまの調達リードタイム短縮に大きく貢献します。

自働化によって高生産性を実現、「人」との協働により国内・輸出モデルを刷新
 これまでに培った「自働化」ノウハウを活用することでオペレーションの効率化を図り、生産性向上・少人化を追及します。単なる自働化に留まらず、「人」による改善活動との協働によって、高生産性を追求し、国内向け・輸出向けの物流モデルを刷新。グローバルマザー物流拠点として、輸配送のリードタイム削減などを図り、当社の優位性である「グローバル確実短納期」の信頼性を一段と向上させてまいります。

【東日本流通センター 新拠点概要】
 所在地  神奈川県川崎市川崎区東扇島7-1
 ミスミ賃借面積 101,146㎡(4階、5階フロア)

<参考: 東日本流通センター 旧拠点概要>
 所在地 神奈川県横浜市鶴見区安善町1-1-1

<参考:既設の国内物流拠点>
 拠点名 株式会社ミスミグループ本社 西日本流通センター
 所在地 兵庫県三田市福島字宮野前501-53三田工業団地内

 拠点名 株式会社ミスミグループ本社 中日本流通センター
 所在地 愛知県稲沢市奥田大沢町2-1MFLP稲沢

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ