プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Labpano

Labpanoの新しいVRカメラは状況を一変させる

Labpanoの新しいVRカメラは状況を一変させる

AsiaNet 82343(0007)

【深セン(中国)2019年12月30日PR Newswire=共同通信JBN】パノラマ・ハードウエアとソリューションのトッププロバイダーであるLabpano(旧Pisofttech)は、新世代の360度パノラマカメラ、Pilot Oneを発売する。8K VR写真、録画、さらに8Kライブストリーミングまでサポートしている。Pilot Oneは、1台のカメラに3つの全く新しいイノベーションが盛り込まれている。それは、クラウドベースのライブストリーミングソリューションであるSwiftbird、開発者が独自のアプリを構築できるPilot Open System、高精度測位バーチャルツアー用のリアルタイムV-SLAM測位ソリューション、Pilot Tourである。

https://photos.prnasia.com/prnh/20191230/2680021-1
(写真説明:Pilot One)

▽新たなカテゴリを規定するハイエンドなハードウエアでのプレミアムなデザイン
Pilot Oneのサイズは、わずか44mm x 44mm x 128mm(1.7 x 1.7 x 5インチ)と、現在市販されている最も小さな8K 360度カメラである。4つのハイエンド・ソニー(Sony)イメージセンサーと開放F値2.28の超高精度レンズが搭載されている。

3400mAhバッテリーは、2時間の連続8K録画やライブストリーミングを楽々サポートする。デザイン面では、角がエレガントな丸みを帯びたオールメタルの直方体型を採用し、アートとテクノロジーの真の融合を実現した。

▽Swiftbird 8Kライブストリーミング
Swiftbirdは、エンドツーエンドの8Kスティッチング・ディストリビューション・ソリューションである。

8K 360度ライブストリーミングは、大規模かつ高価なスティッチングサーバーが必要なため、多くの人が大変な経験をしてきたが、Labpanoはこれを、重要かつ革新的なソリューションであるSwiftbird 8KクラウドVRライブストリーミングソリューションで変えた。管理者は、動き回って大型の物理サーバーをセットアップしたり、異なる地域間を信号が移動することによる大量のデータ変換業務から解放される。このカメラをネットワークに接続するだけで、8K高画質360度リアルタイムコンテンツを世界中で簡単に共有できる。

▽Pilot Tour
Pilot Tourは、バーチャルツアー製作の突破口である。LabpanoのV-SLAMアルゴリズムを使用したセンチメートルレベルの位置精度により、画像が自動的に配置された大規模ツアーを製作できるようになった。他のサードパーティプラットフォームと比べ、Pilot Tourはより少ないステップ、より短時間、より低コストでバーチャルツアーが製作できる。Pilot Oneは、街の広場のような広いオープンスペースで没入型ツアーを製作するのに最も効率的なVRカメラである。

▽Pilot Open System
Pilot OneはVRカメラだけではなく、ハードウエアプラットフォームでもある。Pilot OneはAndroidからつくられたオープン・オペレーティングシステムであるPilot Open System上に構築されており、ユーザーは独自のアプリをつくってカメラを完全に制御したり、固有のビジネスニーズに最適なワークフローをカスタマイズしたりできる。

▽柔軟性と拡張性に優れたモジュールとアクセサリー
Pilot Oneには、顧客がそれぞれのニーズに基づいて購入できる、以下のようなモジュール式アクセサリーを取り揃えている。
*GPSモジュール
*4Gモジュール
*5Gモジュール
*アンビソニックマイク
*ダイブハウジング
*防水ハウジング
*保護ケース
*充電グリップ

Pilot Oneには、アップグレードされたリアルタイムPilotSteady(TM)Stabilization Technologyも搭載されており、でこぼこした環境でも移動しながらの8Kのライブストリーミングでも信頼できる安定した画質を実現する。

販売開始日と価格は今後発表されるが、予約はwww.pisofttech.com/one/en/ で受け付けている。

ソース:Labpano

画像添付リンク先:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=354817

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ