プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CenturyLink, Inc.

CenturyLinkが根強い需要を考慮してアジア太平洋でコンテンツ配信ネットワーク能力を倍増

CenturyLinkが根強い需要を考慮してアジア太平洋でコンテンツ配信ネットワーク能力を倍増

AsiaNet 82091

【シンガポール2019年12月26日PR Newswire】
*このサービス拡充によって、帯域を増強し、エッジによりデジタルビジネスへのデジタルコンテンツ配信を迅速化する

CenturyLink, Inc.(http://news.centurylink.com/ )(NYSE:CTL)は10日、アジア太平洋地域の11都市におけるコンテンツ配信ネットワーク(CDN)サービスの能力を強化して、高性能ウェブアプリケーション、超高精細(UHD)ビデオストリーミング、ゲームダウンロードの提供を目指す世界の放送業界や配信会社、オバーザトップ(OTT)ビデオストリーミングプラットフォーム、ゲーミング企業の高まる需要に対処したと発表した。

CenturyLink Asia Pacificプロダクト・サービスマネジメント部フランシス・タンガサミー部長は「従来進出が困難な市場にはピア支援型とのハイブリッドCDNを提供しつつAPACにおける当社の物理ネットワークのフットプリントを拡大することで、CenturyLinkの顧客に真の競争力を提供することができる。当社の高性能グローバルCDNは、消費者機器のテレメトリー(遠隔情報収集)、データサイエンス、また破壊的革新であるエッジ配信の手順を活用し、ピークトラフィック時におけるユーザーエクスペリエンスを向上させ、大きなイベントの際のトラフィック増に対する読みの甘さで起こりうるリスクを最小限に抑える。当社のサービスが著名な企業に採用され日本で来年開催される主要なスポーツイベントの配信を担うことになったことを発表できて大変嬉しく思う」と語った。

CenturyLinkはこのほど戦略的CDN拡大計画の一環として、革新的なビデオ配信ソリューションプロバイダーのStreamrootと同社のピア支援型ストリーミングおよびマルチCDNサービスを買収した。Streamrootの持つ破壊的革新であるコンテンツ配信モデルは、エンドユーザーの機器をエッジベースの配信インフラストラクチャーに組み込むことで、従来のCDN配信方法では不可能だったレベルのパフォーマンスを実現している。

CenturyLinkプロダクトマネジメント部長でありStreamrootの元最高経営責任者(CEO)でもあるピエール・ルイス・セロン氏は「APAC市場からはピア支援型CDNストリーミング技術への関心を示して頂いており、いち早い導入も進んでいる。マルチCDNハイブリッド配信ソリューションは、配信モデルを分散化し従来配信が困難だった配信先へのノードが増えることで、より堅牢なサービスを提供することができる。この配信技術によって、ストリーミングプロバイダーはネットワーク帯域を過剰に確保しておいたりマルチCDNベンダーに過剰にサービスレベルを設定しておかずとも、シームレスなストリーミング体験を実現できる」と語った。

「War Thunder」、「Star Conflict」、「Crossout」、「Cuisine Royale」などに代表されるコンピューターゲームおよび関連技術の開発に特化している独立系のビデオゲーム開発および配信会社であるGaijin EntertainmentはCenturyLinkと提携し、マルチCDNモデルを活用しているが、このモデルは現在Gaijinの全トラフィックの半分以上を処理している。

Gaijin Entertainmentのゲルブ・ヤルチク最高技術責任者(CTO)は「われわれはこれまで2年間CenturyLinkと提携してきたが、大きな障害に見舞われることなくやってこれた。これは、クライアントに対して信頼性のあるコンテンツを配信するために重要である。これは、われわれが世界中のプレーヤーに優れたサービスを提供するために役立っている。『War Thunder』、『Crossout』、『Cuisine Royale』、『Star Conflict』のファンは、いつでも世界のどこでも、必ず最高のゲーミング体験を楽しむことができる」と語った。

▽追加資料
・CenturyLinkはIDC MarketScape: Worldwide Commercial CDN 2019 Vendor Assessmentでリーダーに選ばれた。詳細はウェブサイトhttps://news.centurylink.com/2019-10-08-CenturyLink-named-a-Leader-in-IDC-MarketScape-Worldwide-Commercial-CDN-Vendors-Report を参照。

・CenturyLinkのCDN能力を概観するにはウェブサイトhttps://youtu.be/d8xa1pn3NHo を参照。
・CenturyLinkのコンテンツ配信サービスの詳細はウェブサイトhttps://www.centurylink.com.sg/networking/cdn.html を参照。

▽CenturyLinkについて
CenturyLink(NYSE:CTL)は、世界中の顧客にハイブリッドネットワーキング、クラウド接続、セキュリティーソリューションを提供しているテクノロジーリーダー。CenturyLinkは、広範なグローバルファイバーネットワークを通じて、安全で信頼性の高いサービスを提供し、企業や消費者の増大するデジタル需要に対応している。CenturyLinkは、ネットワーク化された世界を繋ぐ信頼できるオペレータとしての取り組みと、ユーザーエクスペリエンスを向上させる技術の提供に力を注いでいる。詳細は、https://news.centurylink.com/ を参照。

Video – https://www.youtube.com/watch?v=d8xa1pn3NHo
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/628320/CENTURYLINK_Logo.jpg

▽問い合わせ先 CenturyLink, Darryn Lim, 67688085, darryn.lim@centurylink.com; Ying Communications (a FINN Partners company), Danial Cheah, 67795514, daniah.cheah@finnpartners.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ