プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ソーバル株式会社

ソーバルがIoT分野でMomo社と連携を開始

ソーバル株式会社

ソーバルがIoT分野でMomo社と連携を開始

ソーバル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:推津 敦)は、株式会社Momo(大阪府淀川区、代表取締役:大津真人)とともに「Palette IoT」の普及において必要なアプリケーションの開発や、AIを活用したIoTシステムの高付加価値化などを含めて技術連携を開始します。

株式会社Momoは、多くの開発費や時間をかけずにIoTシステムを構築できる独自のプラットフォーム「Palette IoT」を提供しています。
組み替え可能センサーと送信用無線基板を組み合わせて必要な場所に設置し、お手持ちのAndroidスマートフォンやAndroidタブレットにアプリをダウンロードするだけで即使用が可能です。

現在、「Palette IoT」は様々な分野の実証実験に採用されているほか、予約販売を開始した農業向けソリューション「Agri Palette」(※)にも組み込まれております。
ソーバル株式会社は幅広い分野を対象に株式会社Momoと連携してまいります。

※株式会社Momoプレスリリースはこちら
株式会社Momoがオープン型農業IoTシステムの予約販売を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000045691.html

ソーバル株式会社(証券コード:2186)について
ソーバルは、1983年に創業された独立系システム開発企業です。コンシューマ向けの製品開発を中心に、オフィス機器や産業用装置まで幅広い製品分野に対して、組込み用ソフトウエア開発、LSI/周辺回路設計、アプリケーション開発、ドライバ開発等、幅広く技術の提供を行っております。また、WEB・クラウド開発、品質評価、マニュアル制作など多岐に渡るソリューションを展開しております。さらに、近年では自動運転分野やAI(人工知能)を活用した開発など最先端分野にも積極的に参入しております。

本社所在地:東京都品川区北品川5-9-11大崎MTビル
公式サイト:https://www.sobal.co.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ