プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ハーバライフ・ニュートリション(Herbalife Nutrition Ltd.)

ハーバライフ・ニュートリションアジアパシフィック地域 休暇中の食事についての調査報告

ハーバライフ・ニュートリションアジアパシフィック地域 休暇中の食事についての調査報告

ハーバライフ・ニュートリションアジアパシフィック地域 休暇中の食事についての調査報告:クリスマスと新年に平均3キロ体重増加

AsiaNet 82208

【香港2019年12月24日PR Newswire】
*食事量が増え、運動量が減るため

業界トップのグローバルニュートリションカンパニーであるハーバライフ・ニュートリション(Herbalife Nutrition)は17日、オーストラリア、香港、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムの5,500人を対象に実施した「アジアパシフィック地域 休暇中の食事についての調査2019(Asia Pacific Holiday Eating Survey 2019)」の最新結果を公表した。調査結果は、年末年始は消費者が運動と健康的な食事を続けることが困難になる主な休暇の1つであることを明らかにした。

ハーバライフ・ニュートリション アジアパシフィックのスティーブン・コンチー上級副社長兼マネージングディレクターは「クリスマスと年始は家族が集い、美味しい食ベ物を囲んで祝う時だが、1年のこの時期には、多くの人が健康な食事とフィットネスの目標を放棄しがちである。ハーバライフ・ニュートリションは、休暇シーズン中も消費者が目標を維持することができるよう自身の習慣を見極めるきっかけとなるべく、休暇中に直面しがちなハードルを明らかにした」と述べた。

休暇中の食べ過ぎと運動不足の結果、アジアパシフィック地域の消費者はクリスマスと新年の休暇後に平均3キロ体重増加していた。減量のため休暇後に半数以上(54%)はより健康的な食事をし、46%は運動を増やそうと努力する。

その努力にもかかわらず、約4人中1人(24%)が休暇中に増えた体重を落とすことができず、健康的なライフスタイルの習慣を休暇中も維持することが長期的な健康を維持するためのより良い方法になり得ることを示した。

クリスマスとお正月期間の体重管理を成功させるため、ハーバライフ・ニュートリションは以下のことを勧めている:

1. パーティーの前に食べる:空腹のままでパーティー会場に到着するとすぐに、食べたり飲んだりしたい気持ちに駆られるので、食べ過ぎを防ぐために、無塩の素焼きアーモンド、プロテインバー、ヨーグルトなどのヘルシーでたんぱく質の多い軽食をディナーパーティーに行く前に食べておく。

2. 脂肪分の少ないたんぱく質と野菜を中心にする:炭水化物の多い料理や米主体の料理を避け、脂肪分の少ないたんぱく質を含むメイン料理かサラダや野菜を選ぶ。

3. 少量をゆっくり食べる:食べ物の量より質を重視し、少量をゆっくり食べる。これはパーティー料理への欲求を満たすだけでなく、食べ過ぎる前に脳が満腹を認識するのを助ける。

4. アルコールと甘い飲み物の摂取を制限する:アルコールや甘い飲み物の過度の摂取は体重増の最大の原因の1つであるので、これを防ぐた、こうした飲み物の摂取量を制限し、代わりに水や甘くない飲み物を選ぶ。

▽調査結果の要約
クリスマス期間のアジアパシフィック地域の消費者の食事と運動の習慣を比較すると:

*休暇中には普段より食事量が増える傾向があるのは、フィリピンが最も多い割合を占め(94%)、続いて香港(92%)、日本(89%)の順で、いずれもアジアパシフィック地域の平均86%より高い割合となった。

*フィリピンの消費者はこの地域の他の国に比べ、普段より健康的に食べる割合が低く(77%)、健康的な食事を見送る傾向にある(67%)。

新年のお祝いに関しては:
*フィリピンでは普段より多く食べる傾向がある消費者の割合が最も多く(94%)で、タイ(93%)、インドネシア(88%)、日本(88%)が続いた。

*また、フィリピンの消費者は普段より健康的でない食事をし(78%)、正月明けまで健康的な食事を先延ばしにする(66%)傾向をそれぞれ最も高い割合で示した。

クリスマスとお正月の期間中、消費者の食事量が増える一方、アジアパシフィック地域の消費者の半数近く(49%)が休暇中に健康的でない食ベ方をしていることに罪悪感があると答えた。

アジアパシフィック地域の消費者は共通して、クリスマス中に断つのが最も難しいものとしてアルコール、ターキー、ケーキ、ペストリーを挙げ、お正月に最も断念しにくいものにデザート、餅、アルコールを挙げた。

▽アジアパシフィック地域の消費者にとって休暇シーズン中は運動を後回し
運動については、5人中3人がクリスマスと新年が来ると運動量が減る傾向にあると答え、半数以上(56%)が休暇明けまで自身の運動管理を見送っている。

地域全体では、インドネシアとベトナムがクリスマス(73%)と新年(73%)が近づくと運動する機会が減るという消費者の数で突出していた。さらに、フィリピンの消費者(60%)はクリスマス後まで運動管理を見合わせる傾向が最も大きく、ベトナムの消費者(68%)はお正月明けまで運動管理を見合わせる傾向が最も大きかった。

フルサイズの表の閲覧は以下を参照:
Figure 1(https://photos.prnasia.com/prnk/20191217/2672373-1-e
Figure 2(https://photos.prnasia.com/prnk/20191217/2672373-1-f
Figure 3(https://photos.prnasia.com/prnk/20191217/2672373-1-g

▽ハーバライフ・ニュートリション(Herbalife Nutrition Ltd.)について
ハーバライフ・ニュートリションはグローバルカンパニーであり、1980年以来、素晴らしい栄養製品とメンバー向けのビジネス機会を提供することで人々の生活を向上し続けている。同社は高品質な科学に基づく製品を提供し、ハーバライフ・ニュートリションメンバーにより90カ国以上で販売されている。メンバーは1対1のコーチングを提供し、ヘルシーでアクティブなライフスタイルが根付くコミュニティー作りをサポートする。飢えを根絶するという同社のグローバル・キャンペーンを通じ、ハーバライフ・ニュートリションは栄養と教育を世界中のコミュニティーにもたらすことにコミットしている。

詳細は、IAmHerbalifeNutrition.com(https://iamherbalifenutrition.com/ )を参照。
投資家へ向けたは最新のIR情報についてはir.herbalife.com もご覧ください。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191216/2672373-1-a
Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191216/2672373-1-b  
Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191216/2672373-1-c
Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191216/2672373-1-d

ソース:Herbalife Nutrition Asia Pacific

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=353921
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=353924
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=353925
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=353926

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ