プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Chengdu Institution of New Economic Development

中華人民共和国、韓国、日本のニューエコノミーにおける前途有望な協力

中華人民共和国、韓国、日本のニューエコノミーにおける前途有望な協力

AsiaNet 82309(2602)

【成都(中国)2019年12月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*日中韓首脳会談は中国におけるニューエコノミーに最もふさわしい都市で開催

中華人民共和国、韓国、日本による第8回3カ国首脳会談は24日、中国の成都で開催され、今後10年間の中華人民共和国、韓国、日本間の協力見通しが発表される。3カ国の高レベル指導者は、技術革新の分野で新たな協力イニシアチブとアイデアを提案し、より多くの協力ハイライトと成長力を育成し、3カ国間のより深く、さらなる協力を促進する。電子情報やビッグデータなどのニューエコノミー分野は、将来の発展方向における優先事項の1つになることが見込まれる。相互の利点を補完することにより、3カ国は協力への前途有望な見通しを持つことになろう。

中華人民共和国、韓国、日本による第8回3カ国首脳会談は東アジア経済と世界経済の繁栄と安定にとり極めて重要である。

成都は、中国の「一帯一路構想」と長江経済ベルトの重要な合流点である。ニューエコノミーの発展を提案した中国の先駆的な都市として、成都のGDP成長率は2017年から11四半期連続で8%を超え、ニューエコノミー企業の数は年平均5万社増えて35万社に達し、6社がユニコーン標準を、67社が準ユニコーン標準をそれぞれ満たした。ニューエコノミー企業の年間資金調達額は、40億元から170億元に3倍以上に増加した。成都は「ニューエコノミー発展に最も適した都市」になり、そのニューエコノミー活力指数は中国で3位にランクされている。

23日発表された調査リポートによると、成都は多くの電子情報とビッグデータの人材を集めている。このリポートは、成都の長期的な経済的安定の主な理由を明らかにしている:成都は包摂的で開かれたビジネス環境と魅力的な人材政策を享受しており、これが新しい雇用の急増や多数の人材の成都への流入をもたらし、ニューエコノミーの力強い発展に貢献している 。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191223/2678621-1
(写真説明:2019年成都新規就業人口リポート)

ソース:Chengdu Institution of New Economic Development

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ