プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

金沢工業大学革新複合材料研究開発センターのシーズ技術を活用。

2019年12月24日

金沢工業大学

金沢工業大学革新複合材料研究開発センターのシーズ技術を活用。
サンコロナ小田株式会社の「ハイサイクル成形用CFRTPシートの量産プラント」事業が科学技術振興機構の「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム」に採択。
令和元年12月1日より事業開始

 金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)のシーズ技術を用いたサンコロナ小田株式会社(石川県小松市)の「ハイサイクル成形用CFRTPシートの量産プラント」事業が、国立研究開発法人科学技術振興機構の「研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 企業主導フェーズ」に採択され、令和元年12月1日より事業が開始されました。

【採択内容について】
 本プログラムは、大学等の研究成果に基づくシーズをもとに、研究開発型企業が事業化の難しい開発に果敢に挑戦し、イノベーションを創出することに公的資金で支援するプログラムです。
 ICCではセンター・オブ・イノベーション(COI)プログラムの一環として、ICCが持つ樹脂反応制御技術によるランダムシートを原権利(シーズ)として、サンコロナ小田株式会社と革新的な熱可塑性CFRPランダムシートを共同開発しています。
 熱可塑性樹脂を満遍なく含浸させた薄層炭素繊維テープを短冊状に切断し、ランダムに配置・積層させたもので、炭素繊維束が非連続で等方的に積層されているため、複雑形状をプレス成形加工することができ、かつ屈曲部も炭素繊維のばらつきが少なく強度が強い成形品が可能です。

 サンコロナ小田は当シートを「Flexcarbon®」という名称で製品化を進めています。本プログラムの採択により、ICCのシーズを用いて、シートの大判化・高効率製造プロセスの検証を行い、量産における供給体制の確立と製造コストの削減を目指します。
 当開発を通じて、ウエアラブルチェアなどの人に寄り添う用途からインフラ・自動車・スポーツといった用途に対して、各種CFRP製品の幅広い普及につながることが期待されています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912245175-O2-9757ft0w

金沢工業大学やつかほリサーチキャンパスにある革新複合材料研究開発センター(ICC)
”Under one roof”の研究拠点として川上から川下まで各分野の企業が集う
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912245175-O1-V4XLV8vB

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ