プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

一般社団法人平戸観光協会

【長崎県平戸市】平戸天然ひらめまつり開催予告【1/18~3/31まで】

2019年12月23日

一般社団法人平戸観光協会

全国有数の天然ヒラメ水揚げの産地、長崎県平戸市
旬のヒラメ料理が味わえる「平戸天然ひらめまつり」
令和2年1月18日から3月31日まで開催決定!

長崎県平戸市にある、一般社団法人平戸観光協会では
令和2年1月18日(土)から3月31日(火)まで、市内飲食店・宿泊施設にて
24回目(24年目)となる「平戸天然ひらめまつり」を開催いたします。

◆◇「平戸天然ひらめ」について◇◆
長崎県平戸市は、全国有数の天然ヒラメ水揚量を誇り、その多くは
1月から3月にかけて水揚げされ、年間50~100tの水揚げがあります。
この時期のヒラメは「寒ビラメ」とも呼ばれ、産卵前で脂がのって
一番美味しくなる時期。特に漁獲量の多い志々伎漁協協同組合では
重さ1kg以上の天然ヒラメを「ひらめおがみ」とブランド名をつけ、
「平戸天然ひらめまつり」では主に「ひらめおがみ」を使用します。
中には重さ5~10kg以上の「座布団」級サイズのヒラメも多く水揚げ
されるのが特徴のひとつです。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912235117-O1-Tu7FzP4P

◆◇「ひらめまつり」で味わえる料理◇◆
平戸天然ひらめまつりは、期間中、飲食店・宿泊施設併せて21軒で
「平戸天然ひらめ」のメニュー・プランが登場するイベントです。
飲食店ではヒラメの刺身や寿司以外にも、ひらめ茶漬け、ひらめピザ、
ひらめ炙りなど多彩なメニューが店舗に並びます。
宿泊施設では「3つのお約束」を掲げており、
 1.ひらめの刺身だけでなく、必ず「ひらめしゃぶしゃぶ」を提供
 2.思う存分ひらめを味わってもらうため、ひらめの刺身枚数を
   しゃぶしゃぶ用と併せて必ず「1人前20枚以上」を提供
 3.平戸の郷土料理「鯛茶漬け」をアレンジ「ひらめ茶漬け」を提供
を宿泊夕食の料理で提供することを定めています。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912235117-O2-bg8FUkaa

◆◇「ひらめまつり」開催の経緯について◇◆
24年目を迎える「ひらめまつり」は、もともとオフ期(冬場)の宿泊
対策及び地産地消推進から始まりました。平戸の天然ヒラメは当時、
都市部への出荷がメインで平戸市内での消費はほとんどなく、これを
観光素材として目をつけたのが始まりです。
まつり開催期間中は、観光協会で週2回、参加施設のヒラメの注文を
取りまとめて志々伎漁協に発注し、各参画施設へ専用車で配送します。
今では50~100トンある水揚げのうち、3トン前後のヒラメを
「ひらめまつり」で使用しています。
近年、どの自治体でも食フェア系のイベントを実施していますが、
観光協会にて漁協等と連携して、食材の注文斡旋から配達までの
「流通」を行っているのは全国的にも珍しいケースです。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912235117-O5-EyDUQnb1

1月初旬から平戸では、ヒラメ漁が一斉におこなわれ、3月末まで
ヒラメを食べに来る観光客で賑わいます。
平戸の冬の風物詩「天然ヒラメ」を味わってみませんか?

「座布団ひらめ」と呼ばれる5kg以上の特大ヒラメ。
「平戸天然ひらめまつり」宿泊施設の夕食一例
8貫全てがヒラメの「天然ひらめ握り」
ピザにヒラメをのせた「ひらめピザ」など洋風も
ヒラメは配送車で漁協から各店舗へ配送する
料理一例「ひらめ丼」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ