プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.

「中堅企業調査レポート2019」 成長を続けるカギは「人材」と「キャッシュレス」

2019年12月23日

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.

日本の中堅企業を対象にした企業経営に関する調査レポート
アメリカン・エキスプレス「中堅企業調査レポート2019」
高い成長率を見込む日本の中堅企業
成長を続けるカギは「人材」と「キャッシュレス」

 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本・アジア社長:清原正治)は、中堅企業(年間売上規模が約5億円以上250億円未満)部長職以上の方を対象にした「中堅企業調査」を実施しました。本調査では、日本社会全体が人手不足といわれるなか、経済のけん引役として重要な中堅企業の景況感や事業戦略、人材戦略について明らかにしています。

 2019年の日本の実質成長率が1.8%と見込まれるなか、本調査で中堅企業の今後3年の平均予想売上成長率と平均純利益率の見込みを聞いたところ、それぞれ5%と4%と高水準であることが明らかになりました。成熟した内需に対して成長の見込める、大企業が手を出せないニッチ・マーケットを取り込むことができる強みから、堅調な成長を予想する中堅企業が多いことが分かりました。その一方で、「人材不足」が半数以上の中堅企業にとっての大きな課題であり、求人条件を幅広くしたり、外国人労働者の雇用を促進したりする企業が多くなっています。

 日本総合研究所 主席研究員で、本調査に関して総括コメントをいただいた藻谷浩介氏は、「黒字の中堅企業であっても人手不足に対応できなければ、廃業に向かいかねません。まずは自動化できるところを自動化することが重要で、特に事務の電子化と決済のキャッシュレス化は不可避です」と述べています。

 レポート全文は添付ファイルをご確認ください。

<< 「中堅企業調査2019」抜粋 >>

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912235125-O1-467Z8KLc

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912235125-O2-m3gXdZHK

「中堅企業調査レポート2019」について
 本レポートは、アメリカン・エキスプレスが、2019年7月に日本の中堅企業を対象に実施した、「中堅企業調査」を主としてまとめたものです。同調査では主に、中堅企業の景況感や、今後の事業戦略、次世代への事業継承、海外との取引、人材確保への取り組み、決済方法/経費処理について、どのような課題が意識されているか、どのようなプランが策定されているかを聞いています。
 なお、冒頭の中堅企業の経営環境についてのみ、2018年10月~11月に英国で実施した世界12ヶ国の中堅企業を対象に実施した、「SME Pulse 2019」の日本の結果をまとめています。

【調査概要】 
中堅企業調査
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :年間の売上規模が約5億円以上250億円未満の企業にお勤めの部長職以上の方(社長、役員含む)
サンプル数:321名
調査期間 :2019年7月
〈レポートは青表記〉

SME Pulse 2019(世界12ヶ国対象、以下は日本の調査対象)
調査方法 :電話調査
調査対象 :従業員数10名~250名の企業のオーナー、CEO/社長/取締役/本部長、CFO/財務部門責任者
サンプル数:250名
調査期間 :2018年10月~11月
〈レポートは紺表記〉
※両調査とも、スコアの構成比(%)は小数点第1位以下を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100%にならない場合があります。

アメリカン・エキスプレス 法人事業部門について
アメリカン・エキスプレス法人事業部門は、経営者・個人事業主の経費管理や業務効率化をサポートする「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」をはじめFortune500社の60%以上の企業が導入している法人向けペイメント・ソリューションを提供しています。カード会員の利便性・安全性だけでなく、企業の出張交際費の最適化や、煩雑な経費業務の大幅な簡素化を実現する「アメリカン・エキスプレス・コーポレート・カード」やサプライヤーの選定から、請求処理、支払、照合に至るまでの一連の膨大な一般間接購買プロセスを効率化するためのプログラム「コーポレート・パーチェシング・ソリューション」、出張経費管理の効率化を可能にする旅行代金一括請求システム「ビジネス・トラベル・アカウント」などグローバルな経費管理サービスを国内外の多くの企業・団体に提供しています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ