プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人帝京大学

ラグビーワールドカップ2019に出場した帝京大学ラグビー部OBによる報告会を実施しました

2019年12月20日

帝京大学

ラグビーワールドカップ2019に出場した
帝京大学ラグビー部OBによる報告会を実施しました

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912205097-O1-y2R87Q0w

2019年12月18日(水)、帝京大学板橋キャンパスと八王子キャンパスにてラグビーワールドカップ2019に出場した本学ラグビー部OBによる報告会を実施しました。
本報告会には、堀江 翔太選手(2007年度卒・パナソニック ワイルドナイツ)、ツイ ヘンドリック選手(2011年度卒・サントリーサンゴリアス)、中村 亮土選手(2013年度卒・サントリーサンゴリアス)、流 大選手(2014年度卒・サントリーサンゴリアス)、坂手 淳史選手(2015年度卒・パナソニック ワイルドナイツ)、松田 力也選手(2016年度卒・パナソニック ワイルドナイツ)の6人が出席し、参加した学生や教職員など両キャンパスあわせて約1,400人の前で、ラグビーワールドカップについての感想や大会期間中のエピソードについてお話いただきました。
OB6人の中で最年長となる堀江選手からは、「ワールドカップ期間中にいただいた皆様からの応援は、私たちの耳にも届いていました。大会期間中には厳しい局面が何度もありましたが、皆様からいただいた応援が最後の1%を左右する局面で私たちに力を与えてくれ、今回の結果を残すことができたと考えています」と本学の学生や教職員へ向けて、大会期間中の応援に対する感謝の言葉をいただきました。
その後も、花束贈呈や質疑応答、OB6人と参加者によるビクトリーロードの熱唱や写真撮影の時間が設けられ、閉会が惜しまれる盛り上がりを見せました。これからも帝京大学は、本学の学生および卒業生が自分の生まれ持った個性を最大限に発揮できる教育環境を整備し、社会で活躍できる人材の育成に努めます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912205097-O2-l88LOCKh
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912205097-O3-7LR8Gzpk
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912205097-O4-19512d4G
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912205097-O5-DHPdndXB

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ