プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ハイドリック&ストラグルズ(Heidrick & Struggles)

鈴木健氏が日本におけるパートナーとしてハイドリック&ストラグルズに入社

鈴木健氏が日本におけるパートナーとしてハイドリック&ストラグルズに入社

AsiaNet 82277(2577)

【東京2019年12月20日PR Newswire=共同通信JBN】エグゼクティブ・サーチ、リーダーシップの評価と開発、組織とチーム効率性、カルチャーシェーピングの各サービスの世界的な大手プロバイダーであるハイドリック&ストラグルズ(Heidrick & Struggles)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2677262-1&h=757214897&u=http%3A%2F%2Fwww.heidrick.com%2F&a=Heidrick+%26+Struggles )(Nasdaq: HSII)は、鈴木健(Ken Suzuki)氏が2019年11月に金融サービス・プラクティスのパートナーとして同社のエグゼクティブ・サーチ・ビジネスに加わったと発表した。同氏は東京オフィスに勤務している。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/139029/heidrick_struggles_logo.jpg

約10年間のエグゼクティブ・サーチの専門知識を有する鈴木氏は、金融サービス業界での上級エグゼクティブ・サーチに取り組み、特に日本のアセット・マネジメント部門に重点を置く。同氏はまた、さまざまな業界での上級HRおよび財務担当者のサーチ・エンゲージメントを主導する。

アジア太平洋・中東地域リーダーのスティーブン・マカリンデン氏は「鈴木氏は日本の金融および非金融機関の両方において重要なリーダーを配置するのに成功しており、当社にとって強力な補強になる。われわれは、彼が東京オフィスに加わり、われわれのクライアントが人材とリーダーシップの機会を調査し、評価するのを支援してくれることに興奮している」と語った。

鈴木氏は、ハイドリック&ストラグルズに加わる前は、他の世界大手のエグゼクティブ・サーチ会社のコンサルタントであった。鈴木氏は、エグゼクティブ・サーチとリーダーシップ・コンサルティングのキャリアに踏み出す前は、ブラックロック(BlackRock)の日本法人で人事責任者として、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(Barclays Global Investors)の日本法人でCFO(最高財務責任者)兼人事担当責任者として指導的役割を果たしていた。鈴木氏はアメリカン・エキスプレスの金融サービスで自分のキャリアをスタートさせた。

▽ハイドリック&ストラグルズ(Heidrick & Struggles)について
ハイドリック&ストラグルズ(Nasdaq: HSII)は、エグゼクティブ・サーチ、リーダーシップの評価と開発、組織とチームの効率性、カルチャーシェーピングの各サービスにおける信頼できるアドバイザーとして、世界のトップ組織の上級レベルの人材およびリーダーシップのニーズに応える。ハイドリック&ストラグルズは60年以上前にエグゼクティブ・サーチという専門的職業を開拓した。同社は現在、総合的なリーダーシップ・ソリューションを提供し、クライアントが世界と1つの経営陣を同時に変革するのを手助けしている。(R)www.heidrick.com

▽メディア問い合わせ先
Heidrick & Struggles
Lillian Lee
+852 2103 9389
llee@heidrick.com

ソース:Heidrick & Struggles

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ