プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

川崎重工業株式会社

川崎重工 企業ブランドムービー 『鉄道車両篇』 2019年12月20日(金)公開

2019年12月20日

川崎重工業株式会社

~鉄道車両をつくる仕事は、未来やワクワクをつくること~
「お風呂がある電車」「ワープができる電車」子どもたちが語る夢の電車とは?
川崎重工 企業ブランドムービー
『鉄道車両篇』2019年12月20日(金)公開

川崎重工業株式会社(所在地:東京都港区、以下「川崎重工」)は、2019年12月20日(金)より、コーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにした企業ブランドムービー『鉄道車両篇』を公開します。

▼川崎重工 企業ブランドムービー『鉄道車両篇』
https://www.youtube.com/watch?v=r00XC-i-2xg

【動画: https://www.youtube.com/watch?v=r00XC-i-2xg

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O1-aA2IMa4j

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O2-48p39mO2

制作背景

■「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにした企業ブランドムービー
コーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」は、当社および従業員が、急激に変化する社会・環境に合わせてスピーディーに対応し、果敢に挑戦していく姿勢を、社名の「カワサキ」を用いて表したもので、「社会がカワる、その一歩サキへ」と「自分たちがカワる、そのサキへ向かって挑戦する」という意志が込められています。

このメッセージに込めた想いをより多くの方に伝えるため、当社事業をテーマに「企業ブランドムービー」という形で表現しています。これまでも、救急医療をテーマにした『ドクターヘリ篇』、エネルギーをテーマにした『ガスタービン/ガスエンジン篇』、創薬をテーマにした『ロボット篇』など、さまざまな企業ブランドムービーを公開してきました。

■人気イベント「鉄道模型走行会」に密着!単に車両を造るだけではない「そのサキ」に込めた想いを表現
企業ブランドムービー『鉄道車両篇』は、当社が手掛ける「鉄道車両事業」に焦点を当てました。当社の企業ミュージアム「カワサキワールド」(神戸市中央区)で開催している毎年の恒例イベント『鉄道模型走行会』への密着の様子を通じてメッセージに込めた想いを表現しました。

『鉄道模型走行会』は、当社グループ従業員で構成する「川崎重工鉄道研究同好会」のメンバーが持ち寄った鉄道模型を走行させる人気企画。人気の鉄道模型が一堂に集まる場として、鉄道ファンやお子様連れのご家族などに大変ご好評いただいています。

本映像では、イベントの様子やスタッフの言葉、そして子どもたちの目線を通して、当社の鉄道車両事業について紹介。「鉄道車両」を開発・製造するだけでなく、速さと快適さのサキにある「未来」をつくる仕事であるという当社の考えを、約2分のムービーにまとめました。

ムービー概要

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O3-8Ovn3oon

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O4-T8zVfaO3

鉄道車両をつくる仕事。それは未来やワクワクをつくる仕事でもあるというのがカワサキの考えです。毎年カワサキワールドで開かれる「鉄道模型走行会」もそのひとつ。動画に映し出されているイベント参加者は、みなワクワクした表情で鉄道模型を眺めています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O5-b9b6Blo8

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O6-2JgMesX2

イベント中、カメラは1人の男性スタッフにクローズアップ。彼は子どもたちの前でカワサキが造っている東北新幹線「はやぶさ」について話していました。鉄道模型を手に持ちながら、子どもたちに「先端が長くなっている」ことに注目させるスタッフ。この独特な形は、日本の地形をふまえて「速さ」と「快適さ」を追求した結果であることを解説します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O7-P4X2F4Co

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O8-o46jMm8b

そして話題は子どもたちの「夢の鉄道」へ。みんなはどんな電車をつくってほしいかを聞くと、「お風呂がある電車」、「ワープできる電車」など、子どもならではの自由な発想の回答があがります。そんな中で「もっとスピード出して!」と話す1人の少年が。「おばあちゃん家に早く行きたい。おばあちゃんともっと一緒にいたいもん!」という彼の言葉の裏には、遠くに住む大好きなおばあちゃんへの想いがあったようです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O9-s5UBHmms

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184983-O10-MYo2c2lw

「速さと、快適の、そのサキへ。」 叶えたい夢とたくさんの笑顔のために、カワサキはこれからも変わり続けます。

▼川崎重工 「カワる、サキへ。」特設ページ
https://www.khi.co.jp/stories/articles/vol47/#forward

概要
■タイトル : 『鉄道車両篇』
■放送開始日 : 2019年12月20日(金)
■動画URL: https://www.youtube.com/watch?v=r00XC-i-2xg

川崎重工について
川崎重工グループは、創業者・川崎正蔵が「国家社会の発展・繁栄のため」として造船所を開設した1878年の創業以降、130年以上にわたって事業分野を拡充し、ものづくりを通じて高い技術・技能を培ってきました。
これらを活用し、世界の人々の多様な要望に応える製品・サービスを提供し、お客様と社会の可能性を切り拓く力になることで、当社グループの掲げるミッション「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する"Global Kawasaki"」の実現を目指します。

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ