プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人帝京大学

帝京大学が「UNHCR難民高等教育プログラム」の協定を締結しました

2019年12月19日

帝京大学

帝京大学が「UNHCR難民高等教育プログラム」の協定を締結しました

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184986-O1-s8sUwj5P
2019年12月17日、帝京大学は難民を対象とする推薦入学制度「UNHCR難民高等教育プログラム(RHEP)」に関する協定を、国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所と国連UNHCR協会と締結しました。これを受け、本学では2021年4月から、RHEPが推薦する難民を毎年最大2名ずつ奨学生として受け入れ、当該学生に対して原則4年間、学費・授業料を免除するほか、学生援助手当の生活費助成を行い、大学教育の機会を提供します。

同プログラムは、経済的な理由で日本の大学に通うことが困難な状況で日本で暮らす難民に日本の大学で学べるようサポートするプログラムで、これまで、さまざまな国の学生約60名が日本の大学で学び、卒業後は日本の企業や機関等に勤務しています。同プログラムに参加しているパートナー大学は本学で12校目となります。

調印式には、UNHCRから駐日代表ダーク・ヘベカー氏、副代表(法務担当)川内敏月氏、国連UNHCR協会から事務局長 星野守氏が出席し、帝京大学理事長・学長 冲永佳史と会談、調印を行いました。

帝京大学は、同プログラムにより入学した難民学生が、キャンパスでともに学ぶことにより、本学の教育指針である「国際性」をさらに深化させ、国際的視野を有する人材の育成をめざします。

今後、UNHCRと協力し、帝京大学では以下の取り組みを行います。

【本プログラムでの主な受入内容】
(1) 帝京大学は、毎年、RHEPが推薦する者最大2名を選考し、2021年4月から受け入れを開始します。受け入れの学部は、 経済、法、文、教育、理工の各学部学科。
※教育学部初等教育学科、理工学部航空宇宙工学科ヘリパイロットコースを除く
(2) 帝京大学は、RHEPが推薦する者に係わる入学金および学費等を全額免除、学生援助手当を支給します。

●難民高等教育プログラム(RHEP)
http://rhep-japanforunhcr.org/
https://www.unhcr.org/jp/refugee-higher-education-program

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184986-O2-z7S0Y6q3

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184986-O3-4et9IGmp

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184986-O4-mSJmoF4f

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184986-O5-H8rYb69Z

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912184986-O6-PiGoo082

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ