プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通デジタル

電通デジタルと電通、「People Driven DMP X(クロス)」の提供を開始

2019年12月18日

株式会社電通デジタル

電通デジタルと電通、「People Driven DMP X(クロス)」の提供を開始
― People Driven DMP®とさまざまなマーケティングプラットフォームとの
連携を強化し、データの活用機会を拡大 ―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、社長:鈴木 禎久)と株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、独自の統合マーケティングプラットフォーム「People Driven DMP®※」と、アドビ システムズ株式会社、トレジャーデータ株式会社(Arm Treasure Data)、株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社セールスフォース・ドットコムなどのさまざまなマーケティングプラットフォーム提供企業のDMPやマーケティングクラウド、およびデータマーケットプレイスを連携させ、データの活用機会を拡大するデータ連携ソリューション「People Driven DMP X(クロス)」の提供を開始します。(※社名はアルファベット順)

個人情報を含むデータの取り扱いの厳格化が進む中、日本国内においてもさまざまなマーケティングプラットフォームが、安全性の高い環境下でデータの流通を可能にするデータマーケットプレイスのサービス提供を開始しています。通常、このようなデータマーケットプレイスを活用するためには、各プラットフォームとの個別のデータ連携が必要になりますが、「People Driven DMP X(クロス)」の仕組みを活用することで、簡単且つスピーディーに複数のマーケティングプラットフォームにアクセスすることが可能となります。

<People Driven DMP X(クロス)の概念図>

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912174850-O1-hV4SZR8P

これによって顧客企業は、自社が保有するデータ(1stパーティーデータ)と、People Driven DMP®や多様なデータマーケットプレイスが提供するデータ(3rdパーティーデータ)はもちろん、マーケットプレイスに参画する特定企業のデータ(2ndパーティーデータ)との連携や交換も可能となります。具体的には、自社データと多様なデータを連携させることで、下記のような利用シーンが実現します。

1. 顧客の可視化と潜在顧客の発掘
自社だけでは調達できない有用なデータを調達し、自社データと掛け合わせることで、顧客像をより立体的に可視化し、顧客に応じた施策を実施することができます。また、自社データと外部データを活用した機械学習によるターゲット拡張をすることで、潜在顧客を発見し、より広いターゲットにアプローチすることが可能です。

2. 広告配信の効率化
顧客企業はさまざまなマーケットプレイスを通じて、データを購入することや配信プラットフォームに接続することが出来るようになり、より広範なターゲットにデジタル広告を配信することが可能です。これにより効率の良いセグメントを発見することや、コンバージョン率の向上、ターゲットリーチの最大化を実現します。

3. CRM施策への活用
より多様なデータの中から選択したデータを活用することで、オウンドメディアでのコンテンツの出し分け、クリエーティブ改善など、顧客インサイトに基づく最適なモーメントを捉えた施策を実施し、顧客の定着化/優良化につなげることが可能です。

このようなデータの活用には、エンドユーザーから十分かつ明示的な許諾を取ることや、顧客企業からお預かりしたデータを適切に取扱うことが前提になります。電通グループは、法令に準拠した顧客企業のマーケティングをサポートする知見の高度化と環境整備を進めるとともに、統合マーケティングの高度化に向けて、「People Driven DMP®」のアライアンスを通じ、「People Driven Marketing®」の強化を推進してまいります。

なお、People Driven DMP X提供にあたっては、電通がマーケティングプラットフォームとのデータ連携を行い、電通デジタルが顧客企業へのマーケティングシステム導入と広告設計・配信、CRMの運用サポートを行います。

※:People Driven DMP®
People Driven DMP®は、PCやスマートフォン由来のオーディエンスデータと、テレビの視聴ログデータ(STADIA)、WEB広告接触データ、OOH広告接触データ、ラジオ聴取ログ、パネルデータ、購買データ、位置情報データ等を人(People)基点で活用することができる、People Driven Marketing®のデータ基盤です。さらなる強化のために、People Drivenパートナーシッププログラムを通じ、「メディア/コンテンツ」、「デジタルプラットフォーム」、「EC・購買」、「パネル/メジャメント」、「位置情報」などの各種パートナーと、データやテクノロジーの連携によるビジネス・アライアンスを推進しています。
なお、People Driven DMP®では、個人情報の保護に関する法律に定める個人情報は扱っておりません。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ