プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Branding Shanghai

「ホーム・タウン」展覧会が東京でステージデビュー

「ホーム・タウン」展覧会が東京でステージデビュー

AsiaNet 82180 (2530)

【東京2019年12月16日PR Newswire=共同通信JBN】Branding Shanghaiと東京ビエンナーレ(日本国際美術展)共催の「ホーム・タウン」写真&アート展覧会(HOMETOWN Photo & Art Exhibition)が2019年12月15日、東京ビエンナーレで第一幕を開けた。2都市圏間の関係を増進する東京の「Shanghai. Let’s Meet」(上海で、この瞬間)都市キャンペーンの一部である。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191216/2670421-1
(写真説明:「ホーム・タウン」写真&アート展覧会・東京)

東京ビエンナーレ2020のプレイベントである「ホーム・タウン」写真&アート展覧会・東京は、アーツ千代田3331、および中国と日本のアート業界専門家が選定した両国の優れたアーティスト3人のグループ展である。展覧会は12月15-18日にアーツ千代田3331で開催され、写真とアートを通じて上海と東京を結び付け、両都市の豊かな文化と多様性を紹介する。東京ビエンナーレ2020のコンセプトは「純粋」×「切実」×「逸脱」、および「個」から「私たち」へで、われわれ自身が構築する新しい都市と文化への祝福である。

展覧会の開幕式では、アーツ千代田3331総合ディレクター兼東京ビエンナーレ市民委員会共同代表の中村政人、日本のアーティスト椿昇、社会学者の毛利嘉孝、上海のビジュアルアーティスト、キム・イエ、日本を拠点にする上海のアーティスト顧剣亨、Branding Shanghai社長のパン・ジャスミンの各氏が都市ポジショニング、文化政策、社会機構、アート教育をめぐる国際対話を開始した。

上海はアジア太平洋で、新興からアイコニックまで写真を発見、収集する主要目的地になったのに対し、東京はアジア有数のアートセンターであり、グローバルアーティストの養成所でもある。

「ホーム・タウン」写真&アート展覧会は2016年6月、ロンドンで初開催され、アーティストのアラン・チャン(陳幼堅)、チェン・ハイウェン、キム・イエ、シアン・スン、ワン・ウェイ、フ・ゲ各氏が取り上げられた。「ホーム・タウン」は2016年から2019年にかけて、ロンドン、上海、サンフランシスコ、リバプールでWorld Photography Organisationと共催された。彼らの芸術的レンズを通した都市風景、都市開発、文化的特徴と遺産によって、展覧会は主要都市の都会的イメージ、文化・精神的コンテクストの実体を明らかにした。

東京の展示会は日本のオーディエンスに、上海の都市景観だけでなく、そのダイナミックで創造的な環境も紹介する。アートは無限のコミュニケーション手段であり、われわれはそれによって人と都市の関係をさらに探っていく。

「ホーム・タウン」写真&アート展覧会は東京ビエンナーレ2020会期中、規模が拡大される見通しである。

ソース:Branding Shanghai

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ