プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

サンペレグリノ

若手料理人世界一を決定する国際料理コンクール 『サンペレグリノ ヤングシェフ 2020』地区大会と代表紹介

若手料理人世界一を決定する国際料理コンクール 『サンペレグリノ ヤングシェフ 2020』地区大会と代表紹介

若手料理人世界一を決定する国際料理コンクール 『サンペレグリノ ヤングシェフ 2020』地区大会のハイライトと地区代表12名の紹介

AsiaNet 82202

ミラノ(イタリア)2019年12月17日/PRニュースワイヤー
今年でブランド創立 120 周年を迎え、世界中の美食家に愛されている、イタリア生まれのファインダイニングウォーター 「サンペレグリノ」は、30 歳以下の若手料理人の世界一を決める国際料理コンクール『サンペレグリノ ヤングシェフ 2020』決勝大会に進出する12名の地区大会優勝者を発表しました。次世代の才能ある料理人を後押しして美食の未来を育てることを目指し、2015年にこの取り組みはスタートしました。世界各国から寄せられた18歳から30歳までの条件を満たす応募者から選考された134人の候補者は12カ所で行われた地区大会で競い、地区代表のタイトルを獲得した12名の才能ある若き料理人は、2020年5月に開催される最終決勝に臨みます。

マルチメディアのニュースリリースは: https://www.multivu.com/players/uk/8662151-s-pellegrino-young-chef-2020/   

優勝者はこちらのサイト(英文)をご覧ください。https://www.sanpellegrinoyoungchef.com/en/finalists

マルチメディアのニュースリリースは:
https://www.multivu.com/players/uk/8662151-s-pellegrino-young-chef-2020/

ガストロノミーが持つ力を信じて、世の中に変革をもたらすような一皿を創造する若手料理人の世界一を決定するこの取り組みを通し、サンペレグリノ社は美食文化が社会に与える影響を確信しています。たとえばドイツでは中央ヨーロッパ地区大会優勝者のレヴェンテ・ コッパーニ氏が、自然を尊重し環境保護の働きかけをシグネチャー・ディッシュで表現しました。同様にモスクワではユーラシア地区大会優勝者のヴィタリー・サヴェリエフ氏が、シェフは料理を越えて影響を与えられると信じているとコメントしました。

誰もが熱望するファイナルの順位の他、競技の期間中ヤングシェフたちに付き添ったメンター(指導者)全員が投票して選ぶアクアパンナ賞(Acqua Panna Award for Connection in Gastronomy)と、世界中の美食愛好家のためのオンラインコミュニティー“ファインダイニングラヴァ―ズによる”オンライン投票で決定するファイン・ダイニング・ラバーズ賞(Fine Dining Lovers Food for Thought Award)も紹介されました。

そして、3つ目の賞は今年から始まったサンペレグリノ賞(S.Pellegrino Award for Social Responsibility)で、食品の持続可能性に関する意見で国際的に認められているフード・メイド・グッド(Food Made Good)が審査を勤めます。この栄冠は、持続可能な慣行の結果である食品がベストであるとの原則を表現した料理に与えられ、持続可能性への斬新な手法を用いた出場者を選ぶサンペレグリノ賞の審査団は、気候変動、生物の多様性、食品廃棄物、資源の利用、栄養、協力、権利擁護、革新に関してそれぞれの料理の影響に配慮し、決定されます。

全シェフの4分の1が地元の食材使用を強調する中、原産地は注目の持続可能性の話題でした。次に多く言及されたのが食品廃棄物で、食品廃棄を極力減らすというシェフの意識を強調するものでした。

取り組みの多様性に関連したプラスの成果(A positive accomplishment related to the diversity of the initiative)が、2019年地区大会のハイライトを締めくくります。今回の大会の始めにサンペレグリノはこのイニシアチブの男女平等強化を誓いました。美食は困難な環境であり、多様性に欠けることもあると認識しているからです。このため、各地区ファイナルには少なくとも3人の女性シェフが参加し、審査団は初めて全大会を通して男女同数となりました。さらには地域の半数で女性審査員数が男性の数を上回りました。

2020年グローバル審査団シェフの顔ぶれと待望の2020年に開催される最終決勝戦の詳細に関しては、今後の発表をお待ちください。

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1055574/S_Pellegrino.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/899183/SPellegrino_Young_Chef_2020_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ