プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Qatar Investment Authority (QIA)

Project Qatar Mobility:自動運転シャトルが2022年にドーハの公共輸送を次のレベルへ

Project Qatar Mobility:自動運転シャトルが2022年にドーハの公共輸送を次のレベルへ

AsiaNet 82173(2522)

【ハノーバー(ドイツ)、ドーハ(カタール)2019年12月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*QIAとフォルクスワーゲン AGがカタールの都市モビリティーを変革するための先駆的な自律型電気輸送イニシアチブを発表
*Prototypes of ID。Volkswagen Commercial Vehiclesからの、またScaniaバスのBUZZ ADシャトルが排気物ゼロのSDS(自動運転システム)を運用へ
*サービスの実行にはMOIAライドヘイリングアプリが使用され、AIDはSDSの知識を提供する
*自動運転ロードマップが前進

フォルクスワーゲン AGおよびカタール投資庁(Qatar Investment Authority、QIA)は14日午前、カタールのDoha Forum(ドーハ・フォーラム)で副首相兼外相のムハンマド・ビン・アブドルラフマン・サーニ閣下の臨席の下で「Project Qatar Mobility(プロジェクト・カタール・モビリティー)」に調印した。カタールの閣僚数名、要人、およびカタールとドイツの高級代表が調印に立ち会った。

自動運転のレベル4電動シャトルの最先端のフリートが2022年に初めて、首都ドーハで都市モビリティーの新時代の到来を告げる。14日午前、カタールのドーハ・フォーラムでカタール要人数人の臨席の下でフォルクスワーゲン AGおよびカタール投資庁(QIA)の代表が「Project Qatar Mobility」に調印した。

目標は、革新的な自律輸送プロジェクトを開発し、都市のモビリティーの未来を、2022年以降も、ADシャトルとバスサービスの持続可能な商用展開に変革することである。Volkswagen Commercial Vehicles、Scania、MOIA、AID-Autonomous Intelligent Drivingは、将来のADソリューションの青写真としてブランド間のコラボレーションを促進し、このプロジェクトで重要な役割を果たす。このように、カタールは世界最大のスポーツイベント中に、世界初の排気物ゼロの電気・自律的公共交通システムの場となる。

この契約は14日、ドーハの式典でQIAのマンスール・マハムード最高経営責任者(CEO)とフォルクスワーゲングループ会長のハーバート・ディエス博士により調印された。「Project Qatar Mobility」として知られるこのイニシアチブはスマートテクノロジーとグリーン輸送の両方に対する相互のコミットメントを強調している。

QIAとフォルクスワーゲンは協力して、必要とされる物理・デジタルインフラを開発し、自動運転車両のフリートをドーハの既存の公共交通ネットワークにシームレスに統合する。自律的な電気ID。Volkswagen Commercial VehiclesのBUZZ ADは、ウエストベイ地区の半固定ルートで最大4人の乗客を往復輸送し、ハイテクのScaniaバスはより大きなグループをピックアップする。フォルクスワーゲングループ傘下のAIDとMOIAは、サービスに必要なSDS知識とアプリソフトウエアを提供する。フォルクスワーゲングループの4つのブランドが共同でこのような都市モビリティーのプロジェクトに取り組むのは初めてである。

この画期的なプロジェクトは、適切な法的枠組み、スマートシティーインフラ、知識移転の創出など、自動運転のための全体的なエコシステムを生みだす。これらは、カタールとそれ以外の両方で都市のモビリティーを変革する青写真として使用することができる。シャトル車両とバスのクローズドテストは2020年に開始される見込みで、試用は早ければ2021年にも始まる。このプロジェクトは2022年中に稼働開始し、将来の自動運転の技術的ショーケースを提供する。

フォルクスワーゲン会長のハーバート・ディエス博士は「Project Qatar Mobilityは、当社の『Strategy Together 2025+』で極めて重要な役割を果たすだろう。経済成長、社会開発、環境管理の課題に対処することは当社ビジョンの一部として特定された挑戦であり、次世代モビリティーへの投資に対するコミットメントを強調する。われわれは現実世界の学習を経験し、このプロジェクトを将来の数世代への足がかりとして使用する」と語った。

最初のユースケースが商業部門で計画されているという事実により、Volkswagen Commercial Vehicles(VWCV)はフォルクスワーゲングループ内でAutonomous Driving(自動運転)、Mobility as a Service(MaaS)、Transport as a Service(TaaS)を担当している。したがって、VWCVは将来的には、ロボタクシーやロボバンなどの同様のSpecial Purpose Vehicles(特別目的車両、SPV)を開発・生産する方針である。VWCV取締役会会長のトーマス・セドラン博士はこのプロジェクトの目的を概説し、「AIDが現在開発している自動運転システムで明日のBulliを活用し、MOIAからインテリジェントなライドプーリングを追加し、アプリを介して予約できるようにすることで、最大の効率と安全性のためSDSテクノロジーと組み合わされたCO2ニュートラルモビリティーという未来の都市輸送を開始する。このようにして、われわれはそのすべての要件がクリーンでインテリジェントかつ持続可能なモビリティーである社会全体を輸送しつつある。VWCVは統合モビリティープロバイダーになりつつある。自動運転は、われわれの中核ビジネスの変革の重要な問題である」と語った。

Scaniaのヘンリク・ヘンリクソン社長兼CEOは「Scaniaでわれわれの目的は、持続可能な輸送への移行を推進することである。今後数年間に、電気・自動運転車の技術およびインフラ面での進歩が、この移行の重要な実現要因となるだろう。人間の輸送に関しては、より高度なシェアリングも重要であり、自動輸送の進歩を通じ、シェアされた人間の輸送に柔軟性を導入するのがより簡単になる。カタールでのこのような最先端プロジェクトで役割を演じることは刺激的である」と語った。

QIAのマンスール・マハムードCEOは今回の発表にコメントし、「都市が進歩するためには、新しいイノベーションの波が必要である。AI対応の、排出物のない輸送技術は、混雑を減らし、エネルギー効率を向上させつつ、都市のモビリティーを促進するのに役立つ」と語った。

マハムードCEOは「QIAがフォルクスワーゲンと提携し、カタールがこれらの新技術の最前線にいることを保証できることを誇りに思う。スマート輸送ソリューションの開発は、国内および世界中の都市モビリティーの未来を変革するのに役立つ」と付言した。

QIAの投資戦略は、強力で持続可能な利益を生み出す責任に基づいており、世界をリードする企業内で長期的な価値を特定する能力は、同社の成功の重要な推進力である。

そのため、QIAはポートフォリオ企業と密接な関係を維持し、そのビジョンに深く投資している。QIAはフォルクスワーゲングループの長期投資家であり、監査役会に高く評価される2名の代表者を送り込んでいる。QIAは、継続的な拡大と、大規模な車両電動化における主導的地位を含むフォルクスワーゲングループの継続的な成長をサポートし続けている。

▽Volkswagen Commercial Vehiclesブランドについて
「われわれは成功を輸送する」。フォルクスワーゲングループ内の独立型ブランドとしてVolkswagen Commercial Vehicles(VWCV)は軽量商用車の開発、製造、販売を担当している。その中には、ハノーバー(ドイツ)、ボズナニ(ポーランド)、ブジェシニャ(ポーランド)、パチェコ(アルゼンチン)で生産されているTransporter、Caddy、Amarokレンジャーズがある。当社の車両は、建設作業員、家族、冒険家、ロールパン、小包、サーフボードを輸送する。これらの車両は毎日、世界中の無数の人々が良い仕事をするのを助け、モバイルワークショップとして運用され、救急隊員と警察を必要な場所に連れて行く。2018年、Volkswagen Commercial Vehiclesブランドは約50万台の車両を出荷した。世界中の同社の現場で働いているのは、ハノーバー工場での約1万5000人を含む2万4000人以上の従業員である。

ハノーバー工場に関する情報はhttps://www.facebook.com/VolkswagenNutzfahrzeugeMeinWerk/ を参照。

▽Scaniaブランドについて
Scaniaは持続可能な輸送ソリューションのプロバイダーであり、カタールのドーハでモビリティーソリューションのコンテキストで自律的人間輸送の機会を模索しているプロジェクトの一部である。

▽MOIAについて
フォルクスワーゲングループの子会社であるMOIAはモビリティーサービスを開発し、都市や地元の公共交通機関と提携して取り組んでいる。MOIAは現在、個々の乗用車交通を回避し、道路インフラをより効率的に使用するために、ライドプーリングシステムを開発・実装している。都市は混雑、騒音、排出物から解放される。MOIAは、ドイツのハノーバーとハンブルクでオンデマンドバスサービスを開始した。

▽AID(Autonomous Intelligent Driving)について
AIDは、フォルクスワーゲングループ全体の都市環境でのレベル4自動運転の開発のためのセンターである。世界のトップソフトウエア、ロボット工学、AI、自動車の人材を結集して、何百万人もの人々の生活を改善することができる自動運転システムを構築している。ミュンヘンに本社を置くAIDチームは現在、47カ国からの260人以上の専門家を擁している。われわれにとり、未来は単に車両をより自律的にすることではなく、人々をより自律的にすることである。

▽Qatar Investment Authority(QIA)について
カタール投資庁(Qatar Investment Authority、QIA)はカタール国の政府系ファンドで、Qatar National Vision of 2030の実現に大きく貢献している。QIAは、新しい資産クラスへの投資を多様化することにより同国経済を強化するため2005年に設立された。QIAの成長する長期投資ポートフォリオは、30年以上前にさかのぼるカタールの投資の遺産を基に、カタール国の天然資源の富を補完することをサポートしている。ドーハに本社を構え、ニューヨークに子会社(QIA Advisory)を置くQIAは、最高レベルのグローバル投資で運営されるように構成されている。世界クラスの投資家として、QIAは最も厳しい金融・商業規律を順守している。QIAは、世界中のすべての主要市場で上場証券、不動産、代替資産、プライベートエクイティ(PE)など、複数の資産クラスに投資した強力な実績を持っている。QIAは短期的な収益ではなく、社会的、経済的、環境的に責任のある投資を求め、長期的な収益を最大化するためバランスの取れた持続可能な成長を追求している。詳細はwww.qia.qa を参照。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1044989/QIA_VW_Microvan_ext.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1044990/QIA_VW_Microvan_int.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1044995/QIA_VW_Microvan.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1045097/VW_and_QIA_CEO.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1044991/QIA_VW_Logo.jpg

▽メディア問い合わせ先  
Volkswagen Commercial Vehicles: www.vwn-presse.de
Scania: https://www.scania.com/group/en/press-contacts
AID-Autonomous Intelligent Driving: https://aid-driving.eu/home/press
Qatar Investment Authority (QIA): www.qia.qa

ソース:Qatar Investment Authority (QIA)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ