プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FiO

FiOがワイン、ゲーム、フィットネス業界の弱点を解消

FiOがワイン、ゲーム、フィットネス業界の弱点を解消

AsiaNet 82167 (2519)

【台北2019年12月13日PR Newswire=共同通信JBN】革新的なSaaSプラットフォームであるFiOは来週、同社のブロックチェーン・オンボーディングサービスがワインの原産地、オンラインゲーム、フィットネストラッキングの長年にわたる問題点をいかに解決するかの詳細を公表する予定である。

FiOは、最新のブロックチェーン技術とGPG暗号化を既存の台帳ソフトウエアと統合し、従来のビジネス向けの使いやすい分散型ソリューションを創り出している。

同社のFiOソフトウエアは、従来のフォームファクターとシンプルなテンプレートを備え、技術に詳しくないユーザーでも難なく使用できる。必要なのは、ユーザー登録、サービス選択、最後にAPIへの接続という3つの簡単なオンボーディング手順だけである。

FiOの「プラグアンドプレイ」技術は、昔ながらの産業を悩ませてきた固有の問題の解決を目指している。例えば、数十億ドルに上る偽造ワイン問題で(https://www.forbes.com/sites/joemicallef/2018/12/01/whats-in-your-cellar-counterfeit-wines-are-a-multi-billion-dollar-problem/#6af854001c83 )、FiOは、ワインがぶどう畑から消費者に届くまでの信頼性の高い、改変不可能なトレーサビリティープラットフォームを実現する。

FiOのシンプルなブロックチェーンツールを使用して、ユーザーはワインの原産地、ワイン醸造業者、醸造年、出荷、保管に関する堅牢な分散型台帳と共有可能なデジタル認証を作成できる。こうしてワインの生産、調達、販売の記録能力が向上すれば、生産者、流通業者、再販業者、コレクター間の信頼を高められるはずである。

近年、フィットネス業界では、エンドユーザーのフィットネス管理と健康上重要な数値を追跡するウェアラブル生体認証デバイスがブームになっている。FiOを使えば、フィットネスジムは顧客のプライバシーを損なうことなくAI拡張機能を統合できる。ジムのユーザーは、ウェアラブル、機器、さらには医療サービスプロバイダーの健康やフィットネストレーニングのデータを1カ所に集約し、トークンエコノミー・アイテムをインポートして、ソーシャルフィットネスインフルエンサーやネットワークと接続することができる。

現在、年間1500億ドル規模のゲーム業界は、2022年までに規模が倍になると予測されており、ゲーム内アイテムエコノミーを構築、管理するB2Bゲーム開発ソリューションの需要が高まっている。

プレーヤーはこれまで、仮想アイテムを直接あるいはサードパーティーのウェブサイトでしか売買できず、詐欺、ハッキング、盗難に対する防護は皆無に等しかった。

FiOを使用すれば、ゲーム開発者は、プレーヤー同士が既存のウォレット経由でゲーム内アイテムや報酬を簡単かつ安全にやり取りできるようにできる。ブロックチェーンを介したゲーム報酬の機能性と交換性の向上は、新たなプレーヤーを業界に引き付けることになるだろう。

FiOは、同社のプラットフォームが非常に柔軟で、そのメリットは従来のビジネスのほぼ全てに当てはまることを明らかにした。同社は現在、最後の資金調達ラウンド中で、関係者からの連絡は大歓迎である。

www.FiO.one
Telegram: t.me/FiOapp

Olivia
+886-989683963
Olivia@fio.one

ソース:FiO

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ