プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本映画放送株式会社

勝新太郎「座頭市」最新CGで"復活" 中村玉緒&松平健と夢の競演!時代劇専門チャンネルCM第3弾

2019年12月14日

時代劇専門チャンネル(日本映画放送株式会社)

勝新太郎「座頭市」最新CGで"復活"!
中村玉緒&松平健と夢の競演
時代劇専門チャンネルTVCM第3弾

勝新太郎「座頭市」、中村玉緒&松平健と夢競演!
日本に世界の注目が集まる2020年、最新CG技術で“復活”!

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912124739-O1-XEEO3bQ7

時代劇専門チャンネルTVCM 第3弾「時代劇篇」 放送決定!!
2020年1月より 民放BS局、ローカル局、WEB等で順次オンエア・公開!

 日本映画放送株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 杉田成道)は、運営する有料専門チャンネル「時代劇専門チャンネル」のプロモーションとして、松平健さん、中村玉緒さんが出演するテレビCM第3弾「時代劇篇」を、2020年1月より、全国のテレビ局* で順次放送いたします。さらに、時代劇専門チャンネル公式ホームページでも公開いたします。

*各地の民放BS局、ローカル局、独立局などで順次オンエア予定

 時代劇専門チャンネルは2018年7月から、松平さんと玉緒さんの出演する芝居仕立てのテレビCMを制作、テレビ各局で放送して参りました。2人が医師と看護師に扮した第1弾、そして夫婦漫才に挑戦した第2弾の大好評を受け、第3弾の制作が決定しました。

 今回のテーマは、ズバリ「時代劇」。玉緒さんが「奥方」を、松平さんが奥方を守る「剣士」役に扮し、松平さんは華麗な殺陣を披露。さらに、伝説の時代劇スター・勝新太郎(1997年没・享年65)の代表作「座頭市」が、最新CG技術で“復活”。「奥方」の窮地を救うため、スピーディーな殺陣を繰り広げます。

 勝新太郎は、中村玉緒さんの最愛の夫であり、松平健さんが若き頃に時代劇を学んだ師。そして没後20年以上たった今なお、日本国内のみならず、海外でも絶大な支持を集める伝説の時代劇スターです。そんなカツシンと、ゆかりの深い俳優たちによる“夢の競演”が、世界から日本に注目の集まるオリンピックイヤーの2020年、ついにCMで実現します。

 またCMでは、時代劇専門チャンネルで2020年2月8日(土)に放送予定の史上初8K制作オリジナル時代劇「帰郷」(原作:藤沢周平、主演:仲代達矢、監督:杉田成道)をはじめ、勝新太郎「座頭市」、松平健「暴れん坊将軍」ほか、好評放送中の名作の数々も紹介いたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912124739-O2-T6m6p01T

■松平健 コメント
 私は21歳のときから勝先生にお世話になりまして、1975年に「座頭市」でデビューさせていただきました。勝先生は「座頭市」で誰もまねできないことに挑戦されていましたし、時代劇の面白さを知ったのは、まさにその頃でした。
 そして、師匠の奥様でいらっしゃる中村玉緒さんとの”時代劇”での共演は、「暴れん坊将軍スペシャル」で母子役を演じて以来、今回が本当に久しぶりで、すごくうれしかったです。しかも今回は「家臣」ですから(笑)。まだCMの完成版は見ていないのですが、勝先生も含めて、3人の共演シーンがどう仕上がるのか、本当に楽しみです。
 時代劇は、昔の人々の生活や文化、人の「情」を現代に継承していくもので、何度見ても飽きない作品ばかり。ぜひCMを通じて時代劇に興味を持っていただけたらうれしいですね。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912124739-O3-0uXDZx1Y

■中村玉緒 コメント
 (映像で)時代劇のかつらをつけたのは40年ぶりくらいで、とても懐かしかったです。
私は今年80歳になりましたけれども、女優として、自分の年齢にふさわしい役をもっとやりたくなりましたね。松平さんとまた一緒の現場になって、「あんた、生きててよかった~」って言うのが、私の今の夢です。
 主人が亡くなって20年以上たちますが、お仏壇には今も遺影を飾っています。CMの収録日も、お仏壇の前で、主人に「今日は松平さんとCMやるんです」と報告してきました。主人も喜んでいると思います。
 松平さんは、若い頃からずっと礼儀正しい方で、今もよく挨拶に来ていただいたり、一緒に焼肉を食べに行ったり…。あと、(面と向かうと)今でも私を「奥さん」って呼んでくれるんです。一回くらい「玉緒さん」って呼んでくれてもええのよ(笑)。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912124739-O4-zk0sC8j6

■カツシンを蘇らせた最新CG技術
 今回、勝新太郎「座頭市」の“復活”を可能にしたのは、実写映像で人物の「頭部のみ」をCGに置き換える「デジタルヒューマン(DIGITAL HUMAN)」という新技術。このCG映像制作技術は、株式会社デジタル・フロンティア(東京都渋谷区)が開発し、2018年公開の映画「いぬやしき」でも活用されました。

 CM収録では、勝新太郎に似た体格のアクションアクター、吉田浩之氏に、頭部を覆う青いフードを被って座頭市を演じてもらい、通常の実写と同様に映像を撮影。また、最新のレーザー測定器などを使って撮影対象の光・照明・物理的距離といった情報を複眼的に測定しました。このデータを用いることで、実写映像の中にCGの「頭部」を違和感なく溶け込ませることを可能にしています。

 CGの「座頭市」に別途撮影したアクターの表情をデータ化して流し込み、測定データを基に光や色の補正を重ねて、撮影された実写映像と合成、リアルさを追求していきました。デジタル・フロンティアの前川英章ディレクターは、「技術もさることながら、リアルさを追求するためには、映像の“基”となるアクターさんの演技力、再現力が不可欠です」と話しています。

■松平健・中村玉緒出演「時代劇専門チャンネル」テレビCMとは?

 時代劇だけを24時間365日放送している有料専門チャンネル「時代劇専門チャンネル」(スカパー!、J:COMなどのCATVにて放送、視聴可能世帯約800万世帯)の認知度向上と加入促進を目的に、2018年7月から放送しているテレビCM。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912124739-O7-12uhVT57

 第1弾(2018年7月~オンエア)では、松平さんが医師に、玉緒さんが看護師にそれぞれ扮し、「最近ワクワクがない」と訴える受診者に時代劇専門チャンネルを勧める―というやり取りを、コミカルに演じました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912124739-O9-rbySKqqt

 第2弾「夫婦漫才篇」(2019年1月~オンエア)では、2人が関西弁で夫婦漫才に挑戦。玉緒さんが「ええ男ですやろ、うちのダンナですねん」と松平さんを褒めちぎり、松平さんが「何言うてんねん、お客さんの前で」と応酬するなど、息ぴったりのやり取りを披露しました。

■時代劇専門チャンネル公式サイト
https://www.jidaigeki.com/

時代劇専門チャンネルのテレビCM第3弾「時代劇篇」(C)時代劇専門チャンネル
時代劇専門チャンネルのテレビCMに出演する松平健(C)時代劇専門チャンネル
時代劇専門チャンネルのテレビCMに出演する中村玉緒(C)時代劇専門チャンネル
CMメイキング風景(C)時代劇専門チャンネル
時代劇専門チャンネルTVCM第1弾(C)時代劇専門チャンネル
時代劇専門チャンネルTVCM第2弾「夫婦漫才篇」(C)時代劇専門チャンネル
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ