プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益財団法人JKA

年末の大レース「KEIRINグランプリ」松浦悠士選手(広島)、清水裕友選手(山口)が出場権を獲得!

2019年12月13日

公益財団法人 JKA

年末の大レース「KEIRINグランプリ」
出場者9選手が決定!!
松浦悠士選手(広島)、清水裕友選手(山口)が
出場権を獲得!
優勝賞金1億円は誰の手に!?

12月28日(土)〜30日(月) 東京・立川競輪場

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912134760-O1-BPaf0S41
松浦悠士選手(広島) 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912134760-O2-w8i3uu6D
清水裕友選手(山口) 
  12月28日(土)〜30日(月)に、立川競輪場にて「KEIRIN グランプリシリーズ 2019」が開催されます。
この度、最終日の30日(月)に行われる「KEIRINグランプリ2019」の出場者9名が決定いたしました。
毎年、1年の締めくくりとして行われる 「KEIRINグランプリ」は、数ある競輪レースの中で唯一「GP」のグレードに格付けされたビッグレースであり、優勝賞金1億円をかけて一発勝負で行われます。
 これまで、脇本雄太選手や中川誠一郎選手、新田祐大選手、村上博幸選手といったGⅠレース優勝者4名が早々に出場権を獲得。そして、先日行われた「第61回朝日新聞社杯競輪祭」にて残り5枠の出場者が決定しました。
 中国地方からは、「第61回朝日新聞社杯競輪祭」で優勝した松浦悠士選手(広島/29歳)のほか、先日行われた防府競輪のGⅢ「開設70周年記念 周防国府杯争奪戦」で勝利し、通算3度目のGⅢ制覇を果たした清水裕友選手(山口/25歳)が出場いたします。また、12月29日(日)に行われる「ヤンググランプリ2019」には、宮本隼輔選手(山口/113期)も出場します。

KEIRINグランプリとは
  優勝賞金1億円をかけ、一発勝負で争われるビッグレース。競輪選手約2300名の中から、年間6開催のGⅠ優勝者と、賞金獲得上位者の9名に出場権利が与えられます。
今年は、12月28日(土)〜30日(月)に立川競輪場にて開催され、その最終日である30日(月)に今年の“真の競輪王者”が決定いたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912134760-O3-20QCRf0d
昨年の王者・三谷竜生選手

■ 松浦悠士(Matsuura Yuji)選手
<プロフィール>
1990年11月21日生まれ、広島県出身。
身長:168cm/体重:73kg
期別:98期
選考用賞金獲得額:100,136,000円

2010年7月13日、熊本競輪場にてデビュー。2019年12月27日から、S級S班に昇格。「KEIRINグランプリ」は初出場となる。
2019年2月に行われた「第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪」で、初のGⅠレース決勝の舞台へ。そして「第61回朝日新聞社杯競輪祭」で悲願のGⅠレース優勝を果たした。

<松浦選手からのコメント>
「競輪祭」の前は、1年頑張ってきて賞金ランキング9位かぁ・・・って思ってましたけど(笑)、最後に“優勝”といういい結果を出せました!今年は1月くらいから手応えを感じることがあり、自分自身どんどん強くなってきていると感じることもありました。ダービーの決勝に乗れたあたりから、「KEIRINグランプリ」のことは意識していました。その中で、清水(裕友)君の存在というのは大きかったですね。『強くなりたい』という想いをさらに強くしてくれたのは清水君なので、今の自分があるのも清水君のおかげですね。そんな清水君と「KEIRINグランプリ」も一緒に出場できるということは、とても心強いです。信頼してついていくだけです! 「競輪祭」まで詰めて練習していたので、「KEIRINグランプリ」までは、ちょっとリフレッシュして、練習や身体のケアをやっていきたいと思います!

■清水裕友(Shimizu Hiroto)選手
<プロフィール>
1994年11月9日生まれ、山口県出身。
身長:166.1cm/体重:78.6kg
期別:105期
選考用賞金獲得額:96,580,000円

2014年7月14日、武雄競輪場にてデビュー。
2019年11月に行われた防府競輪のGⅢ「開設70周年記念 周防国府杯争奪戦」で勝利し、昨年に続く連覇を成し遂げ、通算3度目のGⅢ制覇を果たした。
KEIRINグランプリは2年連続2回目の出場となる。

<清水選手からのコメント>
2019年はS級S班になって、すごくプレッシャーを感じていました。でも、1年間、いい経験ができました。「競輪祭」では思い切りのいいレースもできたと思います。
そんな競輪祭が終わって、ひとまずしっかり休んだので、今は「KEIRINグランプリ」に向けて、気合いを入れるのみです!
「KEIRINグランプリ」は、昨年、あの舞台を走った時にすごく『もう1回走りたい!』って思ったので、今年も走れるのは嬉しいですね。「ヤンググランプリ」では、同県出身の(宮本)隼輔が優勝してくれると思うし(笑)、自分も頑張りたいと思います!

その他詳細につきましては、添付リリースをご覧下さい。

松浦悠士選手(広島)
清水裕友選手(山口) 
昨年の王者・三谷竜生選手
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ