プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益財団法人JKA

年末の大レース「KEIRINグランプリ」に新田祐大選手(福島)、佐藤慎太郎選手(福島)が出場権を獲得!

2019年12月13日

公益財団法人 JKA

年末の大レース「KEIRINグランプリ」
出場者9選手が決定!!
新田祐大選手(福島)、佐藤慎太郎選手(福島)が出場権を獲得!
優勝賞金1億円は誰の手に!?

12月28日(土)〜30日(月) 東京・立川競輪場

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912134758-O1-vH2ek4HR
新田祐大選手(福島)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912134758-O2-NewHHXmN
佐藤慎太郎選手(福島)

 12月28日(土)〜30日(月)に、立川競輪場にて「KEIRIN グランプリシリーズ 2019」が開催されます。
この度、最終日の30日(月)に行われる「KEIRINグランプリ2019」の出場者9名が決定いたしました。毎年、1年の締めくくりとして行われる 「KEIRINグランプリ」は、数ある競輪レースの中で唯一「GP」のグレードに格付けされたビッグレースであり、優勝賞金1億円をかけて一発勝負で行われます。
 これまで、脇本雄太選手や中川誠一郎選手、新田祐大選手、村上博幸選手といったGⅠレース優勝者4名が早々に出場権を獲得。そして、先日行われた「第61回朝日新聞社杯競輪祭」にて残り5枠の出場者が決定しました。
 東北地方からは、「第62回オールスター競輪」で勝利した新田祐大選手(福島/33歳)のほか、2019年12月27日から、S級S班が決定した佐藤慎太郎選手(福島/43歳)が出場いたします。また、12月29日(日)に行われる「ヤンググランプリ2019」には、藤根俊貴選手(岩手/24歳)も出場します。

KEIRINグランプリとは
優勝賞金1億円をかけ、一発勝負で行われるビッグレース。競輪選手約2300名の中から、年間6開催のGⅠ優勝者と、賞金獲得上位者の9名に出場権利が与えられます。
今年は、12月28日(土)〜30日(月)に立川競輪場にて開催され、その最終日である30日(月)に今年の“真の競輪王者”が決定いたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912134758-O3-q27OZ5YQ
昨年の王者・三谷竜生選手

■新田祐大(Nitta Yudai)選手
<プロフィール>
1986年1月25日生まれ、福島県出身。
身長:172cm/体重:86kg
期別:90期
選考用賞金獲得額:66,320,000円

2005年7月15日、函館競輪場にてデビュー。
自転車トラック競技のシリーズ戦「2018-2019トラックワールドカップ」第5戦の「男子ケイリン」で銅メダルを獲得し、トラックワールドカップの個人種目では初となるメダル獲得を果たす。「第62回オールスター競輪」優勝。
UCIの個人ランキングでは世界1位に君臨するなど2020年の東京五輪でもメダルが期待される。「KEIRINグランプリ」は5年連続6回目の出場となる。

<新田選手からのコメント>
2019年は競輪を走った本数は少なかったですが、少ない分、今までよりもすごく集中して走れたと思います。今年はいい意味でナショナルチームを応援していただいていると感じました。それが表れていたのがファン投票上位9名に僕、脇本雄太君、深谷知広君が選ばれていたことだと思います。僕らも集中していい成績を出そうと思っていたし、それをファンの皆さんにも理解していただいているんだなと感じました。
(12走の中でしっかりGI優勝を決めたことは)結果として、優勝を決められましたが、その中には失敗だったり、自分が思っていた以上に上手く走れたレースもありました。「第62回オールスター競輪」の優勝に関しては、菅田(壱道)君が男気を発揮してくれたので、それで掴んだグランプリの出場権だと思っています。走る前も菅田君、佐藤慎太郎さん、渡邉一成さんたちから『オリンピック頑張ってください。僕たちから出来ることはこれです』ってエールを送ってもらいました。なので、しっかり今回の「KEIRINグランプリ」で結果を出して、またオールスターで一緒に戦った仲間たち、日々一緒にトレーニングしている仲間たち、そして、応援してくれるファンの皆さん前で、僕自身もメダルを獲得できるように頑張りたいです。
「KEIRINグランプリ」で狙うのはもちろん優勝ですね! みんなも優勝を狙っていくだろうと思うけど、その中にはナショナルチームの脇本君もいますし、また、ラインの慎太郎さんもいて『一緒に優勝を目指そう』って連絡もきているので、頼もしい先輩と一緒にワンツーを目指したいです。

■佐藤慎太郎(Sato Shintaro)選手
<プロフィール>
1976年11月7日生まれ、福島県出身。
身長:165cm/体重:80kg
期別:78期
選考用賞金獲得額:85,176,400円

1996年8月14日、いわき平競輪場にてデビュー。2019年は「第34回読売新聞社杯全日本選抜競輪」、「第62回オールスター競輪」、「第35回共同通信社杯」で決勝2着と活躍。
「KEIRINグランプリ」は13年ぶり5回目の出場となる。2019年12月27日から、S級S班に昇格が決定している。

<佐藤選手からのコメント>
2019年振り返ってみれば、充実はしてましたけど、優勝はFI1回だし、1着もあんまりないんですよね。勝ちたいので、自分としてはすごく頑張ったなという気はしていません。ただ、「全日本選抜」という年の初めから賞金ランキング上位にいたことで自分自身の気持ちが高まり、「KEIRINグランプリ」に向けて、毎日を過ごせたかな、とは思います。
今年は“2着”の年だったから、「KEIRINグランプリ」も新田(祐大)についていけば2着なのかなっていう風に客観的にみていますけどね。もちろん、かわせば優勝ですけど、なかなか新田をかわせないですからね。まずは自分の仕事、追走ですね。新田が勝ちにいく、納得するレースをしてくれればいいかなと思います。冗談も慎太郎節も抜きで。
「KEIRINグランプリ」に向けて練習は計画的にしていきたですね。でも、1ヶ月を切っているので、あんまりガツガツにやっても身体は変わるわけではないと思うので、今年やってきたメニューを淡々とこなしていこうかなと思っています。

その他詳細につきましては、添付リリースをご覧下さい。

 新田祐大選手(福島)・佐藤慎太郎選手(福島)
 新田祐大選手(福島)
佐藤慎太郎選手(福島)
昨年の王者・三谷竜生選手
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ