プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

デスティネーションNSW

デスティネーションNSW:壮大な80kmの歩道でシドニーのボンダイからマンリーまでウォーキング

デスティネーションNSW:壮大な80kmの歩道でシドニーのボンダイからマンリーまでウォーキング

デスティネーションNSW:壮大な80kmの歩道でシドニーのアイコニックなボンダイからマンリーまでウォーキング

AsiaNet 82122 (2504)

【シドニー2019年12月10日PR Newswire=共同通信JBN】デスティネーションNSW(Destination NSW)は10日、ボンダイとマンリーの間に新しくオープンした歩道の壮大な見どころ動画と画像を公開した。

世界で最もアイコニックなビーチの2つ、ボンダイとマンリーの間のウォーキングは、2カ所をつなぐシドニーの息を飲むようなハーバーの波打ち際周辺に新しい80キロメートルの都会的歩道がオープンして実現した。

先住民の文化的遺産に恵まれた歩道は、同市の最も壮大な海岸とハーバーに近い郊外住宅地の一部を通り抜け、シドニー・ハーバーブリッジとシドニー・オペラハウスを目玉とする。

350以上の特徴的なAboriginal Whale Symbolのサインで印が付けられた都会的歩道は、ダウンロード可能なデジタルウォーキングアプリで簡単にたどることができる。

雇用・投資・観光・西シドニー担当大臣のスチュアート・エアーズ氏は「Bondi to Manly Walkはシドニーの人々が楽しんで世界中とシェアできるようハーバーと波打ち際を開放する素晴らしいプロジェクトだ。政府のあらゆるレベルの協力が、ウォーキング愛好者の誰もが利用できるおそらく最も美しい歩道の1つである大切な国家資産を作り出した」と述べた。

2時間ほど歩道の一部を探索するにせよ、7日間かけて全80キロメートルを体験するにせよ、歩行プランには必ず以下の見逃せない見どころ10カ所を含めよう。

1. ボンダイ -Porch & Parlourで朝食とコーヒーを堪能して1日を始めよう
2. パースリー・ベイ -このハーバービーチで一泳ぎして身体を冷やして景色を楽しもう
3. Hermitage Foreshore Walk -同市東部のボークルーズを抜けるシドニーのグレート・コースタルウォークの1つ
4. 歴史的な家屋群 -Vaucluse House、Strickland House、Elizabeth Bay Houseの壮麗な美に見ほれよう
5. シドニー・ハーバー -シドニー・オペラハウスとシドニー・ハーバーブリッジを横目に歩こう
6. キリビリ -Celsius Cafeに立ち寄ってコーヒーを飲もう
7. May Gibbs’ Nutcote -Snugglepot & Cuddlepieの作者、メイ・ギブス氏の家。現在は博物館となっている
8.アボリジニ関連の重要スポット -グロットー・ポイントで多数のアボリジニの彫刻画を見てみよう。近くのリーフ・ビーチには、先祖再埋葬地と岩絵が存在する
9. ジョージズ・ヘッド -シドニーの軍事史を学び、興味をそそる軍事要塞やトンネルの中を歩こう
10. マンリー -Manly Wharf Barで待ちに待ったドリンクを買ってゴールを祝おう

シドニーに関する詳細情報はwww.sydney.com で閲覧可能。
Bondi to Manly Walkの画像と動画は(https://drive.google.com/drive/folders/1BLJWf3hSl-8iofKHE3O633uABk1JV6qF )でダウンロードできる。

▽デスティネーションNSW(Destination NSW)について
デスティネーションNSWは、ニューサウスウェールズ(NSW)州の観光および主要イベント産業のためのNSW州政府機関の主要機関であり、同州のビジター経済を成長させる戦略の策定および実施を担当している。シドニーとNSW地域のための観光振興および主要なスポーツ・文化イベントの獲得・発展の促進に特に重点を置いている。さらに、デスティネーションNSWは、より多くの国際会議、インセンティブ旅行報奨プログラム、企業イベントおよび展示会の確保を目的とするBusiness Events Sydneyの主要投資家である。

編集者注意
動画、画像、記事はDestination NSW Content Libraryで入手可能。

ソース:Destination NSW

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ