プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TSG

TSGがアジア展開を率いる新しいCEOを任命

TSGがアジア展開を率いる新しいCEOを任命

・TSGは日本の健康とフィットネス市場の大きな成長を見込んでいます
・東京事務所が開設されました

AsiaNet 82162

オークランド、2019年12月13日 – TSGはビジネス管理ソフトウェア、統合決済ソリューション、およびヘルス&フィットネスとチャイルドケア市場への付加価値サービスで他をリードするプロバイダーです。TSGは オリビエ・ヴァンダーカムをアジアのCEOに任命しました。新たにCEOとなったオリビエ・ヴァンダーカムは、チームを構築し、市場との関係を確立し、顧客と収益を成長させることができる実績のあるグローバルエグゼクティブです。

TSGのグループCEOであるスティーブン・ホームズは、次のように述べています。「オリビエを迎え入れたことでTSGが日本のヘルス&フィットネス市場に真剣に取り組んでいることが明白になりました。今日、400万人以上の日本人がヘルス&フィットネスクラブのメンバーであり、日本は収益においてアジア最大のヘルス&フィットネス市場となっています。」

「詳細な分析に基づいて、ジム管理ソフトウェアと統合された支払いプラットフォームにおいて、TSGには日本市場向けの革新的で比類のない製品があると確信しています」とホームズは続けました。  

「私は最もエキサイティングな時期にTSGに参加できることになりました」とオリビエ・ヴァンダーカムは語りました。「TSGは、オーストラリアと英国全土での主要なプレーヤーであり、ヨーロッパとアメリカで新規クライアントを開拓しつつあります。日本人のジム会員数の浸透率はまだ約4%であるため、成長の大きな機会が見込まれます。」

オリビエは社長兼代表取締役を務めていたライフフィットネスジャパンからTSGに入社しました。このライフフィットネスジャパンというフィットネス機器プロバイダーでは、オリビエは新しい市場戦略を確立し、リーダーシップチームを構築し、市場シェアを2倍以上にして利益を10倍以上増やしました。

以前は、オリビエはBEA JapanとDiba Japanで上級管理職を務めていました。 彼はベルギー出身で、英語と日本語に堪能です。彼はベルギーのリエージュ大学でコミュニケーション科学で修士号を取得しています。ホームズは、「オリビエの市場戦略の作成、チームの構築、業界との関係の確立の実績は、日本およびアジア全域での事業展開にとって非常に重要です。」

TSGについて
TSGは、ビジネス管理ソフトウェア、統合決済、および付加価値サービスを世界中のクライアントに提供する世界的な大手収益管理ソリューション企業です。TSGは、健康とフィットネス、育児、教育、保険、ヘルスケア、スポーツ、エンターテイメントなどの幅広い業界に、高度に差別化されたターゲットソリューションを提供しています。これらのソリューションは、クラブウェア、リンクモジュラーソリューション、QK Technologies、Debitsuccess、Paysmart、DFC、Harlands Groupなど、オーストラリア、米国、英国、ヨーロッパ、アジアで運営されている多数のプラットフォームを中心に構成されています。詳細については、次をご覧ください。https://transactionservices.global

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ