プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xinhua Silk Road Information Service

Xinhua Silk Road:SCO国際円卓会議が中国東部の連雲港で開催され、貿易と物流の協力を促進

Xinhua Silk Road:SCO国際円卓会議が中国東部の連雲港で開催され、貿易と物流の協力を促進

AsiaNet 82147 (2511)

【北京2019年12月12日 PR Newswire=共同通信JBN】上海協力機構(Shanghai Cooperation Organization、SCO)国際円卓会議(International Round Table)が6日、SCOメンバー間の貿易と物流の協力促進を目的に中国東部・江蘇省の港湾都市、連雲港で開催された。

上海協力機構事務局が主催したこのイベントに引き付けられ、参加したのはSCOメンバー国の大臣、そして駐中国メンバー国大使館からの代表者である。

イベントでは、SCOメンバー間の貿易と物流の協力チャンネルをさらに拡大すること、そしてアジアと欧州の国境を超えた国際的物流輸送チャンネルを共同で構築することに関する共同声明が発表された。

2001年に設立されたSCOには、現在のところ中国、インド、カザフスタン、キルギス、パキスタン、ロシア、タジキスタン、ウズベキスタンが加盟している。SCOは世界経済の20%以上に貢献し、世界の人口の約半数を占めている。

SCOメンバー間の物流協力を促進するため、このイベントでは海運の基地で倉庫物流センターとしての連雲港の重要な役割が強調された。

44.89平方キロの指定エリアを持つ連雲港の国際物流パークは中央アジアと環太平洋地域に向けた物流サービスを提供する。

中国で最初に開放された沿岸都市の1つとして、連雲港は国家的な総合輸送拠点であり、連雲港の港は中国有数のコンテナ港である。

近年、連雲港は一帯一路構想(BRI)の下で積極的にインフラ建設を進め、国境を超えた国際物流輸送チャンネルの建設を促進する、独自の特色をもった国際物流プラットフォームを設立した。

Shanghai Cooperation Organization Logistics Enterprises B2B Meeting(上海協力機構物流企業B2B会議)が7日に連雲港で開催され、中国の物流企業10社が参加した。彼らは主に、アジアと欧州の間の共同一貫輸送による新たな物流輸送チャンネル、そしてSCOメンバーの関連する物流ニーズについての事業協力について話した。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309876.html を参照。

ソース:Xinhua Silk Road Information Service

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ