プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FORTUNE Media

シンガポールで3月25-26日開催のBrainstorm Design 2020に世界のビジネス、デザインリーダーが集結

シンガポールで3月25-26日開催のBrainstorm Design 2020に世界のビジネス、デザインリーダーが集結

AsiaNet 82117(2500)

【ニューヨーク、シンガポール2019年12月11日PR Newswire=共同通信JBN】フォーチュン(FORTUNE)とシンガポール・デザイン庁(DesignSingapore Council)は11日、シンガポールで3月25-26日開催されるBrainstorm Design 2020に世界のビジネス、デザインリーダー20人以上が出席すると発表した。Brainstorm Designはホストシティーのシンガポール、ホストパートナーのシンガポール・デザイン庁、サポーティングパートナーのシンガポール経済開発庁、パートナーのハーマンミラー、IBM、セールスフォース、ナレッジパートナーのマッキンゼー・アンド・カンパニーにサポートされている。参加者は会議で、デザインのイノベーションに向けた見通しと戦略を共有する。

Brainstorm Design 2020のテーマは「Designing Our Destiny」(運命をデザインする)で、企業やコミュニティーが進む道のつくり方を決めるデザインを提案する。多岐にわたるプログラムの主なトピックとしては、気候変動、素材廃棄の課題、医療サービス利用の課題にデザインが取り組むやり方;人間工学、倫理的プライバシー慣行の形成に占めるデザインの役割;デザイン主導の長期的イノベーションを育成する組織を構築してリードする方法などがある。世界有数の商業、文化、イノベーションのハブである主催都市シンガポールは、このような討議をする理想的な場である。

Brainstorm Designはフォーチュン500企業の経営幹部や世界の傑出したデザイナーを集め、デザインを通じていかにビジネスの成果を上げるかという重要問題を探求する。これらの専門家は知見、およびそれぞれの業界を転換する最先端のデザイン作品を共有する。2018年に初開催されたBrainstorm Designは、デザイン、ビジネス、テクノロジーの交差点の主要な国際フォーラムになっている。

Brainstorm Designの議長を務めるクレイ・チャンドラー氏は「3年目になるBrainstorm Designは、伝統企業、商業、コンピューターデザイン界のスターを招集する特異なフォーラムに進化しており、彼らは世界で最も強力な企業、最も躍動的な新興企業のリーダーとアイデアを交換することができる。今年、われわれはデザインの成長する力を熟考し、企業や組織内のユーザー重視デザインを奨励する戦略を探り、デザインが企業や社会に及ぼす影響を評価する最新の方法論を検討する。われわれはまた、ビジネスリーダーが複雑なデジタルテクノロジーに対処するのを助けるデザイナーの役割も考察し、個人の自由を守って環境を保護し、多様性を促進するデザイナーの倫理的責任を討議する」と語った。

シンガポール・デザイン庁のマーク・ウィー長官は会議について「われわれは今回のBrainstorm Design開催を楽しみにしている。そこでは、世界で最も複雑な問題に取り組むため、まさにビジネスの将来、あるいは新システム全体を転換するデザインを使う世界のデザインリーダーに関わり、ヒントを得る。われわれは世界的企業がここシンガポールで、商品の革新、アジア市場の理解、あるいはシティーラボ環境で新システム全体を設計、試作するため、デザイン革新活動に着手しているのをみている。われわれはアジアのゲートウエー、域内の革新リーダーとして、全員のより人間的で持続可能な運命をいかにデザインが形成できるか、このグローバル対話に参加することを誇りにしている」と語った。

現時点で確認されているBrainstorm Design 2020講演者のリストは次の通り。
— Cameron Adams, Co-founder and Chief Product Officer, Canva
— YooJung Ann, Head of Design, Waymo
— John Cary, President and CEO, Eames Institute
— Hillel Cooperman, Senior VP of User Experience Design, Oracle
— Chris Down, Chief Design Officer, Mattel
— Maria Giudice, Design Leader and Co-author, Rise of the DEO: Leadership by Design
— Paula Goldman, Chief Ethical and Humane Use Officer, Salesforce
— Cyrill Gutsch, Founder and CEO, Parley for the Oceans
— Li Ningning, Senior Director of Industrial Design, Mi Ecosystem, Xiaomi Corporation
— Jenny Lam, Senior VP of User Experience Design, Oracle
— Eva Lilja Löwenhielm, Design Manager, IKEA Sweden
— Dr. Liu Thai Ker, Founding Chairman, Morrow Architects & Planners
— Dr. Lou Yongqi, Dean of the College of Design and Innovation, Tongji University
— John Maeda, Chief Experience Officer, Publicis Sapient
— Mauro Porcini, Senior Vice President and Chief Design Officer, PepsiCo
— Eric Quint, Vice President, Chief Brand and Design Officer, 3M
— Alice Rawsthorn, Author, Design as an Attitude
— Marek Reichman, Executive Vice President and Chief Creative Officer, Aston Martin
— Daan Roosegaarde, Artist and Founder, Studio Roosegaarde
— Ole Scheeren, Architect and Principal, Buro Ole Scheeren
— Sarah Stein Greenberg, Executive Director, Stanford University d.school  (Hasso Plattner Institute of Design)
— Patricia Urquiola, Designer, Architect and Founder of Studio Urquiola
— Harry West, Principal, Invisible Design
— Sam Yen, Head of Digital, Commercial Real Estate, Commercial Banking, JP Morgan Chase & Co.

Brainstorm Design 2020の共同議長は次の通り。
— Clay Chandler, Executive Editor, Asia, FORTUNE
— Tony Chambers, Founder and Creative Director, TC & Friends
— Maithreyi Seetheraman, Director, Live Media Content, FORTUNE.

詳細はhttps://fortuneconferences.com/brainstorm-design-2020/ を参照。

▽フォーチュンについて
フォーチュン(FORTUNE)はビジネスに関する会話を促進し、グローバルな視野、歴史が導く知恵、未来への不屈のまなざしをもって、今日、そして、明日さらに重要になる物語を報告、公表する。世界の産業、商業、社会を形成する者を招集して挑戦する信頼の力によって、フォーチュンはグローバルリーダーの道を照らし、彼らにビジネス向上ツールを与える。www.fortune.com

▽シンガポール・デザイン庁について
シンガポール・デザイン庁(DesignSingapore Council、Dsg)のビジョンは、シンガポールが2025年までにデザインを通じて革新主導の経済、愛すべき都市になることである。デザインを推進する国家機関として、デザイン部門を発展させ、シンガポールが革新と成長にデザインを活用することを支援し、このユネスコデザイン創造都市の生活を改善することが使命である。Dsgはシンガポール経済開発庁の下部機関である。www.designsingapore.org

▽報道関係問い合わせ先
Alison Klooster
Alison.klooster@fortune.com
+1-646-437-6613

ソース:FORTUNE Media

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ