プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ビーメックス(Beamex)

ビーメックスが温度キャリブレーションに革命をもたらします

ビーメックスが温度キャリブレーションに革命をもたらします

AsiaNet 81998

ヤコブスタード(フィンランド)、2019年12月11日/PRニュースワイヤー/ —
ビーメックス(Beamex)は、画期的な多用途温度キャリブレーション・ソリューション、ビーメックスMC6-T(Beamex MC6-T:https://www.beamex.com/calibrators/beamex-mc6-t/ )を発表しました。

MC6-Tは、MC6ドキュメンティングキャリブレーター&コミュニケーター、MC6ワークステーション・ベンチキャリブレーター&コミュニケーター、及びATEX、IECEx、北米認定の本質安全な防爆フィールドプロセス・キャリブレーター&コミュニケーターであるMC6-Exなど、大成功を収めて評価されているビーメックスMC6シリーズに新たに加わりました。

より良い温度キャリブレーションのために
「ビーメックスは40年以上に渡り温度測定の技術を開発しています。近年は熱力学と温度管理システムに関するより包括的な知識を取り入れて参りました。これにより当社はキャリブレーター設計の経験、温度キャリブレーション、温度測定の知識を掛け合わせ、温度キャリブレーションの工程を驚異的に簡略化する最先端の温度ドライブロックを作り出しました」と、ビーメックスのプロダクトマネージャー、Antti Makynenは語ります。

MC6-Tは1台で温度、圧力、抵抗、mA、mV、V、mA、パルス、周波数などの信号、ならびにハート信号(HART)、プロフィバスPA(Profibus PA)、ファウンデーション・フィールドバス(FOUNDATION Fieldbus)コミュニケート機能を併せ持っているパワフルで多機能なキャリブレーターです。「これらの機能をすべて備えたMC6-Tは、温度ブロック、温度キャリブレーター、圧力キャリブレーター、フィールドコミュニケーター、データロガーその他、多くの単体デバイスに取って代わるものです。MC6-Tは作業者と職場を守る信頼の安全機能を備え、ずば抜けて使い易いクラス最高の顧客体験を提供します」と続けます。

優れた温度、計測性能、キャリブレーション作業時間の短さ、環境条件を特別に配慮した設計などが独自仕様の一例です。一般的に従来の温度ドライブロックでは校正が出来ない、短いフランジ付きサニタリーセンサーのキャリブレーション機能もあります。MC6-Tには、低温用MC6-T150と高温用MC6-T660の2種類があります。

MC6-Tとビーメックスのソフトを組み合わせれば、温度キャリブレーションのプロセスが完全自動化され、ペーパーレスになります。このような統合キャリブレーション・ソリューションを用いる事でキャリブレーション所要時間が最大50%短縮され、コスト削減と記録品質の向上につながります。

ビーメックスは、世界のプロセス産業向けにより良いキャリブレーションを開発することだけを目的とするキャリブレーション・ソリューションの世界的大手プロバイダーです。携帯型キャリブレーターから、ワークステーション、キャリブレーション・アクセサリー、キャリブレーション・ソフトウェア、特定業界向けソリューション、そして専門的なサービスに至る幅広い製品とサービスを提供しています。ビーメックスの子会社、支社、および販売店の広範囲なネットワークを通して、同社の製品とサービスは80ヶ国以上で提供されています。ビーメックスには世界に1万2千人以上の顧客がいます。 http://www.beamex.com/

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ