プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

The Dongguan Municipal Government

パリで開催中の東莞写真展は製造業を通したグローバルな接続性を展示

パリで開催中の東莞写真展は製造業を通したグローバルな接続性を展示

AsiaNet 82072(2488)

【パリ(フランス)2019年12月9日新華社=共同通信JBN】東莞市政府主催の東莞をテーマにした写真展が12月9日から16日までオリエンタルパリで開かれ、世界とつながる製造産業と多様な都市文化を披露している。中国内外の写真家の魅力的な写真70枚以上を展示することによって、この中国南部の都市はその美しさと製造業を世界に紹介し、いかに開かれているか、地球を包み込んでいるかを表現している。

イベント開幕式には、フランスの芸術・文化界、在フランス中国大使館、中国企業、メディアの代表を含む100人以上の人々が出席し、在フランス中国大使館のスン・ユミン公使(科学技術担当)、中国共産党東莞市委員会広報部のリー・キチン副書記、パリ高等師範学校のパスカル・ルーセル文化遺産部長があいさつした。

パスカル・ルーセル氏は「私は中国を何度も訪れ、広東省と中国における投資と経済の成長を目にしてきた。東莞は香港、マカオ、広州、深センから成るアーバンクラスターの中心にあって、海陸交通の便に恵まれた最高の地理的条件を誇りにしている。活気ある広東-香港-マカオ大湾区の恩恵を受け続ければ、国際都市としてさらに浮上すると思う」と語った。

実際に東莞は昔からフランスと友好関係がある。1904年にフランスの写真家アーネストは東莞の可園を訪れ、旅行中に撮影した写真を精妙な絵ハガキにしている。それをフランスにいる友人に送り「これは中国で撮った一番美しい写真」と記した。外国人が東莞で撮影した最古の写真である。

中国が改革開放政策を導入して以来、東莞とフランスおよび以遠との対話・交流は製造業を通じて発展した。

リー・キチン氏は開幕式で「開放は東莞の成長に深く根付いている。最もダイナミックかつオープンな経済によって改革開放を最も早く開始した都市として、東莞は200以上の国・地域と緊密な経済協力を展開してきた。強力な製造部門によって、今や世界的な経済協力の一部になり、東が西と出会う機会を提供している」とあいさつした。

パスカル・ルーセル氏は、東莞が広東21世紀海のシルクロード国際博覧会(Guangdong 21st Century Maritime Silk Road International Expo)を開催して既に世界から注目されていることから、写真展はよりオープンな東莞を垣間見る機会をフランスに与えるとみている。

イベントは3つの側面、すなわち「Bay Area Metropolis, Quality Dongguan(湾岸都市・上質の東莞」「Art of Manufacturing(製造業のアート)」「Connection to the World(世界とのつながり)」に焦点を当て、都市の魅力の全容を明らかにするよう工夫されている。会場にはGuanxiang、Xinchang Drum、Kylinなど東莞の無形文化遺産も展示されている。

ソース:The Dongguan Municipal Government

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ