プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社DMM.com証券

【DMM.com証券】申込から最短"即日"で取引開始を実現! 『スマホでスピード本人確認』を導入

2019年12月9日

株式会社DMM.com証券

【DMM.com証券】申込から最短"即日"で取引開始を実現! 『スマホでスピード本人確認』を導入

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912094510-O1-YPt4G4hU

株式会社DMM.com証券(本社:東京都中央区、代表取締役 谷川龍二)は、2019年12月9日(月)より最短で申込即日に取引を開始できる『スマホでスピード本人確認』を導入しましたので、お知らせいたします。

■スマホでスピード本人確認の概要
『スマホでスピード本人確認』とは、スマートフォンで本人確認書類と顔写真を撮影するだけで、オンラインによる本人確認(eKYC=electronic Know Your Customer)を実現した新たな口座開設サービスです。

従来、口座開設申込から取引を開始するまでには郵便受取による本人確認が必要でした。そのため、お申込みから取引開始まで最短でも1~2営業日程度を要しておりました。

『スマホでスピード本人確認』をご利用いただくと、郵便物の受け取りが不要となるため、取引開始までの時間が大幅に短縮され、申込から最短即日でお取引が可能になりました。

当社ではお客様サポートだけでなく、口座開設審査についても、平日24時間おこなっており、東京時間や欧州時間で口座開設審査を終了しているFX会社と比べて、取引開始までの時間が短縮可能で、ニューヨーク時間にお申込みをいただいた場合も、最短で当日のニューヨーク時間内に取引を開始いただけます。(※1)

【東京時間】8時00分~15時00分
【欧州時間】16時00分~22時00分
【ニューヨーク時間】22時00分~7時時00分

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912094510-O2-SEXDkzdK

平日に郵便物のお受け取りが難しい方も、Web上でログイン情報を受け取ることができるため、簡単かつスピーディにお取引を開始いただけます。

■DMM.com証券について
株式会社DMM.com証券は、【DMM FX】を中心に高性能な次世代取引ツールや多様なモバイルデバイス向け取引ツールにて安定した取引環境を提供し、お客様の利便性の向上、取引チャネルの拡充に取り組んでおります。

お客様からのご愛顧のおかげで、FX口座数 国内第1位(※2)を獲得いたしました。

今後も「DMM.com証券だからできること」をテーマに、お客様の「欲しい」を「形」にし、既成概念にとらわれない自由な発想で歩み続け、さらなる高品質のサービスを提供できるように努めてまいります。

(※1)例外として、株またはCFDを含む口座開設審査は平日16時30分までとなります。
(※2)2019年1月末時点 ファイナンス・マグネイト社調べ

■会社概要
株式会社DMM.com証券(https://fx.dmm.com/
所在地 :東京都中央区日本橋2-7-1
代表取締役 :谷川 龍二
事業内容 :第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、商品先物取引業
資本金 :98億円
登録番号 :関東財務局長(金商)第1629号
加入協会等 :日本証券業協会/日本投資者保護基金
一般社団法人 金融先物取引業協会/日本商品先物取引協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

株式会社DMM.com証券
カスタマーサポート
フリーコール:0120-961-522
Email:support-dmm@sec.dmm.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ