プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

科技日報(Science and Technology Daily)

期待すべき未来:国際的な科学技術コミュニティーは中国の同僚との協力に強い期待を表明

期待すべき未来:国際的な科学技術コミュニティーは中国の同僚との協力に強い期待を表明

AsiaNet 82043(2471)

【北京2019年12月5日PR Newswire=共同通信JBN】2019年は、中華人民共和国の建国70周年である。科技日報(Science and Technology Daily)は、この機会をとらえ科学分野の国際的なリーダーのグループにインタビューして、中国のこの分野における発展の歴史と彼らのパーソナルストーリーを再検討した。彼らはまた、将来の中国との協力に強い期待を表明した。

▽科学技術開発が中国の成長モメンタムを推進

日本の科学技術振興機構(JST)の上席フェローである沖村憲樹氏はその署名記事で、中国の著しい向上を高く評価した。「中国は高速鉄道と高速道路の高度に発展した輸送ネットワークを構築しており、その走行距離は現在の日本の10倍となっている。最も革新的でスマートなテクノロジーを備えた新しい空港や海港が至る所に続々と出現している。中国の通信ネットワークとグリッドシステムもまた世界のトップ級である。中国は世界史上最大かつ最も効率的な経済国家となりつつある。」

アジア太平洋・クラリベイト(Clarivate)のアナリストであるワン・リン氏は、グローバルな文献データの観点から中国の基礎科学研究の進展状況を整理した。「1980年代以降、中国は多くの領域で目覚ましい成果を挙げてきた。中国は材料科学における論文で世界1位、農業科学、化学、コンピューターサイエンス、工学、環境・生態学、地球科学、数学、物理学分野で2位にランクされた。2006年、中国は科学論文の発表数で初めて英国を抜き、米国に次ぐ世界第2位にランクされた。」

しかし、科学論文を通じての世界のコミュニティーへの中国の貢献はほんの氷山の一角に過ぎない。世界の科学コミュニティーは中国の発展とそうしたモメンタムの源をどのように見ているか?

ブラッドフォード大学Polymer Interdisciplinary Research Center(高分子学際研究センター)のディレクターで、Royal Academy of Engineering(王立工学アカデミー)教授のフィル・コーツ氏は科技日報記者とのインタビューで次のような見解を共有した。「現在、中国政府の科学研究を支援する取り組みはすべての人にとって明らかである」。

安徽大学(Anhui University)のイラン人数学者アリ・モハマド氏はコーツ教授に賛同して「北京から地方の自治体当局に至るまで中国の諸政府は、科学技術開発、中でも特に基礎科学分野の研究を重視し、強力に支援している。米国の数学者を含め世界中のさまざまな数学者と話をする際、彼らは皆『今研究したいのであれば、中国へ行きなさい』と言う」と述べた。

▽「大いに期待される」-中国との将来の協力に関する学術論評でよく用いられる共通語(第2の副題)

著名な英国の生物学者、ノーベル賞受賞者で中国科学院の外国人学者であるポール・ナス卿は記者に、科学は全人類の共通言語であると語った。:国際的なS&T(科学技術)協力は、科学技術の発展にとって重要であるだけでなく、諸国間の友好を促進するために不可欠な方法である。

在中国EU(欧州連合)代表部の科学技術部門責任者であるビアラット・フィリップ氏は「中国は技術革新において前例のないスピードで発展している」とコメントした。同氏は、将来「Horizon Europe」の枠組みの下でS&Tイノベーション(科学技術革新)における中国と欧州の協力がさらに進むことを期待している。

Fondation Merieux(メリュー財団)プレジデントのアラン・メリュー氏は「中国とフランスはこれまで製薬業界における極めてオープンで優れたパートナーであった。政治的な理由で科学技術交流を妨げるのは間違いである。フランスは常に中国との交流で重要な役割を果たすだろう(西側コミュニティーの中で)。両国は、民生用核エネルギー、生物学などを含む多くの重要な分野で相互利益となる協力を引き続き構築していく」と述べた。

Uryadovy Kuryer紙の記者スタニスラフ・プロコプチュク氏は「科学技術分野におけるウズベキスタンと中国の相互利益協力は世界全体への利益となっている」と語った。同氏はまた「ウクライナと中国は、基礎科学と応用技術の分野で大きな協力の可能性を有している。将来、研究・イノベーションセンターを構築するための共同の取り組みを大きな期待をもって見ている」と付け加えた。

Sputnik News Agency and Radio(スプートニク通信・ラジオ)の科学教育プロジェクトグループ責任者のアレクサンダー・ティトコフ氏は、両国の高等教育機関相互間の共同プロジェクトの数が増えることで、「より多くの共通の関心と相互利益が生み出される」とコメントした。著名なイスラエルの医療専門家で、「China Friendship Award(中国友好賞)」受賞者のモリス・トパーズ氏は「医療分野はその多様性においてユニークであり、中国とイスラエルのカウンターパート間の協力にとって大きな可能性を有している」と述べた。

ソース:Science and Technology Daily

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ