プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社LIVE BOARD

LIVE BOARD、Hivestack プラットフォームを採用しプログラマティックOOHを日本で初めて実現

2019年12月5日

株式会社 LIVE BOARD

LIVE BOARD、Hivestack プラットフォームを採用し
プログラマティックOOHを日本で初めて実現*1
~日本市場に最適なフルスタックのプログラマティックOOHテクノロジーを提供~

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社 電通(以下、電通)の新会社である「株式会社 LIVE BOARD(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長、:神内 一郎、以下、LIVE BOARD)」は、プログラマティックOOHの販売と購入を促進するテクノロジープラットフォームとしてHivestack Inc.(本社:カナダ、モントリオール、最高経営責任者:アンドレアス・スウプリオティス)と提携し、「LIVE BOARDマーケットプレイス」を提供します。

これによりLIVE BOARDは、日本で初めて* 1のインプレッションベースによるDOOH広告(デジタルOut of Home)のプランニング、広告枠(インベントリ)の取引、および広告配信を可能にするフルスタックのプログラマティックOOHを実現します。

*1日本の屋外広告においてインプレッション、オーディエンスの属性情報を備えたプランニング、広告枠の取引から広告の配信までを提供するプログラマティックOOHの実現を指します。(2019年12月4日 LIVE BOARD調べ)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912054351-O1-XUX9Ob1G

LIVE BOARD マーケットプレイスのサプライサイド:
LIVE BOARD マーケットプレイスのサプライサイドは、日本のDOOH媒体社向けに5つのコンポーネントで構成されています。

1. LIVE BOARD SSP * 2
効率的な空き枠(インベントリ)販売チャンネルを提供します。

2. LIVE BOARD Ad Exchange * 2
LIVE BOARD APIを介して既存のコンテンツ管理システム(CMS)と統合することで空き枠を自動的に販売し収益化することが可能になります。

3. LIVE BOARD HTMLコンテナ
HTMLに対応するCMS、及びプレイヤーを実装している場合にはHTMLファイルからLIVE BOARD Ad Exchangeに接続することができます。

4. LIVE BOARD Ad Server
最適なタイミングで最適なロケーションへ広告を配信するアルゴリズムに基づきインプレッション配信を行います。LIVE BOARD Ad Serverは、ドコモの「モバイル空間統計Ⓡ* 3」等から提供されるオーディエンスデータを活用し最適な広告配信を提供しています。

5. LIVE BOARD PLAYER
オプションとして、LIVE BOARDが自社開発した100%インプレッションベースで動作するライセンス不要のプレイヤーを提供します。

* 2 LIVE BOARD SSP / Ad Exchangeは、オムニチャネルDSPからの購入を可能にするためにOpenRTBの標準仕様に基づき提供されています。
* 3 「モバイル空間統計」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

LIVE BOARDマーケットプレイスのバイサイド:
LIVE BOARDマーケットプレイスのバイサイドでは、プログラマティックOOH向けDSPであるLIVE BOARD DSPを提供します。日本のOOH広告会社やトレーディングデスク* 4は、LIVE BOARD DSPを通じてLIVE BOARD Ad Exchangeの広告枠(インベントリ)にプログラマティックな入札が可能になります。

* 4 トレーディングデスクは、広告を出稿する広告主の代わりにデジタル広告を運用する代行サービスです。

■LIVE BOARD代表取締役社長 神内 一郎のコメント ―
「いくつかの有力な広告配信プラットフォームベンダーを厳正に評価した結果、弊社のめざす本格的なプログラマティック OOHを実現するための理想的なテクノロジーパートナーとしてHivestackを採用しました。Hivestackが日本向けにプラットフォームを提供してくれたことでLIVE BOARDは短期間でサプライおよびデマンドの双方をカバーするLIVE BOARDマーケットプレイスを立ち上げることができました。従来、日本のOOH広告取引は煩雑なプロセスが必要でしたが、今回の提携により効率的かつ効果の見える広告取引の機会を提供することができると信じています。」

■Hivestack 最高経営責任者 アンドレアス・スウプリオティスのコメント –
「Hivestackは、LIVE BOARDに高いレベルのサービスを保証するため、日本法人「Hivestack Japan」を設立しました。私たちは、世界で3番目に大きいOOH市場である日本へ進出することにとても興奮しています。LIVE BOARDは日本のプログラマティックOOH市場の先駆けとなり、HivestackがLIVE BOARDを支えるテクノロジー基盤として選ばれたことを大変誇りに思います。そして、これから展開されるLIVE BOARDの素晴らしいストーリーを楽しみにしています。」

【株式会社 LIVE BOARD について】
LIVE BOARDは“Figure the Real World”をスローガンに掲げ、リアル世界の価値を再定義し、世界に立ち遅れている日本のDOOH市場を急速に活性化することを使命と考えます。ステークホルダーの皆様とともにDOOHアドネットワークを構築し、日本初となるインプレッションに基づくDOOH広告販売を行います。
https://www.liveboard.co.jp/

【Hivestack Inc. について】
Hivestackは、ビジネスに成果をもたらすロケーションベースのマーケティングテクノロジー企業です。デジタルマーケターは、Hivestackのテクノロジーを利用することで消費者行動と視聴者の移動パターンに基づき物理的な世界のカスタムオーディエンスへ接続することができます。Hivestackプラットフォームはプログラマティックアドテクノロジーを利用するデジタルマーケターとDOOHパブリッシャ―の取引を可能にするフルスタックのプラットフォームです。プラットフォームはプライバシーに配慮した大規模なモバイルデータセットの分析と計測、および広告配信を含むロケーションベースとオーディエンスサイエンスによるユニークな価値提案をマーケターへ提供します。
https://hivestack.com/

※翻訳は抄訳です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ