プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Super Micro Computer, Inc.

Supermicroがオープン5G無線アクセスネットワーク(RAN)向けのサーバークラスエッジシステムを発売

Supermicroがオープン5G無線アクセスネットワーク(RAN)向けのサーバークラスエッジシステムを発売

AsiaNet 81987(2449)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*新しいSuperServersは、O-RAN オープンプラットフォーム・ソフトウエア、インテルXeonスケーラブルプロセッサー、GPU、FPGA、柱上セルタワー設置用のIP65定格保護エンクロージャーを提供

エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワークソリューション、グリーンコンピューティング・テクノロジーのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(SMCI)は、第2世代インテルXeonスケーラブルプロセッサー、O-RAN準拠の提携ソフトウエア、および過酷な環境で動作する能力に基づく完全に構成可能なSuperServerを活用した5Gセルタワー設置用の新しいソリューションを発表した。これらの機能により、特許取得済みのハードウエア/ソフトウエアから5Gインストール用のオープンソースソフトウエアおよび分散型ハードウエアへのモバイルネットワークの進化を加速させる。

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1038685/Super_Micro_Computer_Inc_New_Solutions_5G.jpg
Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1038693/Super_Micro_Computer_Inc_5G_DU_Server_Solution.jpg  

Supermicroのチャールズ・リアン社長兼最高経営責任者(CEO)は「Supermicroのデータセンターの顧客とグローバルな通信事業者は、マルチベンダーのウェブスケール・ネットワークをサポートする独自仕様ではない分散型ハードウエアおよびソフトウエア5Gソリューションを求めている。Supermicroの新しいSuperServerソリューションは最大の展開の柔軟性と効率的な総所有コスト(TCO)を備えた5Gネットワークインフラストラクチャーを提供する」と述べた。

Supermicroの2つの新しいシステムは、Intelligent Edgeである5G向けの同社初のサーバーと、第2世代インテルXeonプロセッサーに基づく、他の組み込み型アプリケーションである。E403-9P-FN2T(https://www.supermicro.com/en/products/system/Box_PC/SYS-E403-9P-FN2T.cfm )は、要求の厳しい環境向けに構築されており、GPUおよびFPGAアクセラレーターカード用の3つのPCI-Eスロットが含まれている。コンパクトな1U 1019P-FHN2T(https://www.supermicro.com/en/products/system/1U/1019/SYS-1019P-FHN2T.cfm )は、マイクロデータセンターや別の目的で使用された本社所在地といった制御された環境に最適で、2つのフルハイト・フルレングスPCI-Eスロットが特徴である。

これらの拡張スロットにより、SupermicroはGPUカードを介してリアルタイムのエッジAI推論を提供し、インテルFPGA Programmable Acceleration Card N3000を使用して5G RANソフトウエアとオープンスタンダードのサイト間通信を加速することができる。これらの新しいサーバーは、Supermicroの成功したXeon Dベースの1019DおよびE403モデルを補完している。Supermicroは、セルタワーやマイクロセルサイトなどの屋外環境のニーズを満たすために、IP65定格の保護エンクロージャーを開発している。

Supermicroは、データセンターレベルのリモート管理をエッジコンピューティングプラットフォームに拡張する、高性能で電力効率の高いオープンハードウエア・サーバープラットフォームを提供するマーケットリーダーであり、KubernetesやVMwareなどのソフトウエアを含む仮想化とコンテナーに関する豊富な経験を持っている。新しい5Gアーキテクチャーは、標準化されたインターフェースで接続されたオープンなハードウエアプラットフォームと仮想化されたネットワーク要素に基づいている。SupermicroはO-RAN Allianceに参加して、クラウドネイティブのオープン5G RANアーキテクチャーの構築を支援し、これらのソリューションはネットワークが5Gに移行する際に4Gを同時にサポートする。

5Gコアネットワークは、SupermicroのResource-Saving Architectureが高性能のマルチノードBigTwin(TM)や高密度のSuperBlade(R)およびMicroBlade(TM)製品などの革新的なコンピューティングプラットフォームを提供するデータセンターハードウエア上で実行する仮想モデルに移行してきた。これらのシステムは、冷却の共有と効率的な電力を活用し、サーバーラック全体を無駄に全交換することなく最新のアップグレードを可能にするために分散された構造を特徴としている。

詳細は、www.supermicro.com/5g を参照。

▽Super Micro Computer, Inc.ついて
高性能、高効率なサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであるSupermicro(SMCI)は、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R)のリーディングプロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」(われわれはITをグリーンに保つ)イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。

Supermicro、Building Block SolutionsおよびWe Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標および/または登録商標である。

インテル、インテル・ロゴ、Xeonは、米国および/ないしはその他の国でインテル コーポレーションの商標である。

その他の全てのブランド、名前、商標はそれぞれの所有者の財産である。

SMCI-F

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先
Greg Kaufman
Super Micro Computer, Inc.
pr@supermicro.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ