プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社JPメディアダイレクト

日本郵政グループのJPメディアダイレクト、新たな「現金受取サービス」を提供開始

2019年12月4日

株式会社JPメディアダイレクト

「現金書留」と「銀行ATM」のハイブリッドな活用で、現金受け取りニーズに対応

 日本郵政グループの株式会社JPメディアダイレクト(東京都港区、代表取締役CEO 中島直樹 以下「JPMD」)は、日本郵便の「現金書留」による現金郵送サービスに加え、セブン銀行「ATM」を活用した新たな「現金受取サービス」の提供を開始します。

 JPMDの「現金受取サービス」は、日本郵便の全国ネットワークにより現金を郵送・配達する「現金書留」と、セブン銀行が全国のセブン‐イレブンや駅、空港等に設置する「ATM」での現金受取サービスを活用し、原則365日、いつでも、どこへでも、日本国内のお客様へ「現金」をお渡しすることが可能となります。

 「少額送金の対応」、「初期費用の軽減」、「運用開始期間の短縮」といった本サービスの特徴に加え、お客様ごとの「口座番号情報の収集・管理」や「振込手続き」が不要なため、煩雑で手間の掛かる「送金・返金業務」の効率化を実現します。

※全国の郵便局窓口で換金可能な「郵便為替」や、各種「金券・商品券」等を郵送することも可能です。

本サービスの想定利用企業・利用シーンは以下のとおりです。
・EC・通販事業者
  →商品のキャンセルや返品・交換差額で生じる「返金」など
・チケット関連事業者
  →各種チケットのキャンセルや解約の「返金」など
・製造・販売メーカー
  →リコール発生時における「返品」と連動した「返金」など
   ※JPMDの「リコールシューター」サービスと連動し提供いたします
・金融・保険会社
  →各種保険料の「返金」や少額保険金の「お支払い」など
・キャンペーン関連事業者
  →各種キャッシュバックキャンペーンにおける賞金の「送金」など

■サービス概要
各事業者が保有する、「郵便番号・住所・氏名・携帯電話番号・メールアドレス・送金金額など」のデータを基に、現金・郵便為替・金券の手配、郵便局差出を行う「郵送受取」と、セブン銀行での「ATM受取*」をワンストップで提供します。

 *紙幣はセブン銀行ATMで、硬貨はセブン‐イレブンのレジで受取ることができます。

<参考>
「リコールシューター」はJPMDが2011年から提供している「リスク管理ソリューション」サービスです。
https://www.jp-md.co.jp/recall/recallshooter/
【JPMDの「現金受取サービス」フロー図】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201911294167-O1-7Ba43Ot6

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ