プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社芝パークホテル

第5回「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」開催

2019年12月4日

パークホテル東京

第5回「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」開催。
年々話題が高まる、現代美術に特化したホテル型アートフェア!
特別で良質なアート作品を、身近な雰囲気で購入できる絶好の機会!

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912014180-O2-8mD8OaLD

第5回「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」開催。
年々話題が高まる、現代美術に特化したホテル型アートフェア!
特別で良質なアート作品を、身近な雰囲気で購入できる絶好の機会!

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912014180-O3-697gAihI
A. 双ギャラリー, ART in PARK HOTEL TOKYO 2019 展示の様子 photo by Yusuke Tsuchida

ART in PARK HOTEL TOKYO 2020 開催のご案内
この度、現代美術のホテル型アートフェア「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」(略称 AiPHT 2020 / アイファット2020)を、2020年3月20日(金・祝)・3月21日(土) [プレビュー 3月19日(木)]の日程で、パークホテル東京(汐留)にて開催いたします。前回同様、アートフェア東京、3331アートフェアと同時期に開催し、春の東京をアートで彩ります。

「AiPHT 2020」では、総勢42ギャラリー(東京:16軒、東京以外:22軒、台湾:2軒、韓国:2軒)がラインナップ、内5軒が初出展。いずれも実力派ギャラリーたちばかりで、ホテル客室を展示空間に仕立て、イチ押しの作品を展示・販売いたします。

当フェアの特徴の1つ目は、東京以外を拠点とするギャラリーが数多く出展する点です。東京ではなかなかご覧頂く機会の少ない作家・作品を、少数精鋭の質の高いプレゼンテーションでご紹介します。
2点目の特徴は、幅広いジャンルの作品を紹介する点です。出展作品は若手注目作家から、国際的著名作家の絵画・彫刻・版画・写真に限らず空間全体を使ったインスタレーションまで、バラエティに富んだ作品群をお楽しみ頂けます。

また、生活空間に近いホテル客室を舞台にした当フェアは、自宅でのアートコレクションをイメージし易い点も特徴です。おひとりおひとりにとって特別なアート作品を見つける絶好の機会となるでしょう。
「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」、是非多くの方にご来場頂きたく存じますので、貴メディアでのご紹介をご検討頂きますよう、何卒よろしくお願い致します。

開催概要
開催日時:2020年3月19日(木)~21日(土)
プレビュー:2020年 3月19日(木)14:00~21:00 *招待客、プレスのみ
一般公開:2020年3月20日(金・祝) 11:00~20:00
                             3月21日(土) 11:00~19:00
フェア会場:パークホテル東京 26階、27階(2フロア貸切)
〒105-7227 東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー (フロント25階)
T. 03-6252-1111(代表)U. https://parkhoteltokyo.com
・JR、東京メトロ・都営地下鉄「新橋駅」より徒歩7分
・都営地下鉄大江戸線「汐留駅」より徒歩1分 / 新交通ゆりかもめ「汐留駅」より徒歩1分
出展ギャラリー:42ギャラリー
入場料:¥1,800-. / 1day pass *当日、フェア受付にてお買い求め下さい  *お得な前売り券を販売予定
共催:一般社団法人日本現代美術振興協会 / パークホテル東京
協賛、メディアパートナー:各社予定
公式ウェブサイト:www.aipht.artosaka.jp

ART in PARK HOTEL TOKYO 2020 出展ギャラリー  (*印はAiPHT初出展ギャラリー)
[東京]* POETIC SCAPE、MEM、MARUEIDO JAPAN、ロイドワークスギャラリー、hpgrp GALLERY、*パークホテル東京×不忍画廊、橘画廊、双ギャラリー、gallery21yo-j、みうらじろうギャラリー 、西村画廊、*TOMOHIKO YOSHINO GALLERY、AF-LABO、YUKI-SIS、ギャルリー東京ユマニテ、画廊香月
[栃木]M画廊
[愛知]ジルダールギャラリー、GALLERY IDF、AIN SOPH DISPATCH、LAD GALLERY、
GALLERY APA
[京都]COHJU contemporary art、*ギャラリー・パルク [グランマーブル]、FINCH ARTS、MORI YU GALLERY
[大阪]ノートギャラリー、ギャラリーほそかわ、*the three konohana、Yoshiaki Inoue Gallery、TEZUKAYAMA GALLERY、ギャラリーノマル、Kaze Art Planning、サイギャラリー、アートコートギャラリー、DMOARTS、ギャラリーヤマグチ クンストバウ、Nii Fine Arts
[台湾]Der-Horng Art Gallery、AKI Gallery
[韓国]Gallery Shilla、Gallery Chosun

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912014180-O4-sU20xfn3
B. TEZUKAYAMA GALLERY, ART in PARK HOTEL TOKYO 2019 展示の様子
photo by Yusuke Tsuchida

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912014180-O5-IDo8810B
C. FINCH ARTS, ART in PARK HOTEL TOKYO 2019 展示の様子
photo by Yusuke Tsuchida

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912014180-O6-RfH13NuK
D. パークホテル東京 ホテルからの眺め

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912014180-O7-kHb246po
E. パークホテル東京 31階アーティストルーム「芸者金魚」

広報用画像について
前述の通り、広報用画像を5点(A〜E)ご用意しています。画像が必要な方は、下記お問合わせ先までお気軽にご連絡ください。
画像使用の際はキャプションの明記にご協力下さい。
また掲載が決まりましたら、掲載紙やPDF データを1 部事務局までお送り頂くか、又は掲載先URL をお知らせ下さい。

——————————

出展作家や会期中の関連イベント等が決定しましたら、改めてご案内申し上げます。プレスリリースの続報は、2020年1月頃に配信予定です。
尚、最新情報は随時公式ウェブサイト(11月下旬~12月上旬OPEN予定)、facebook、twitter、instagram にて配信いたしますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

Twitter:https://twitter.com/ART_OSAKA
Facebook:https://www.facebook.com/artosaka.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/artosaka.jp/

ART in PARK HOTEL TOKYO 2020 ロゴ1
ART in PARK HOTEL TOKYO 2020 ロゴ2
A. 双ギャラリー, ART in PARK HOTEL TOKYO 2019 展示の様子 photo by Yusuke Tsuchida
B. TEZUKAYAMA GALLERY, ART in PARK HOTEL TOKYO 2019 展示の様子 photo by Yusuke Tsuchida
C. FINCH ARTS, ART in PARK HOTEL TOKYO 2019 展示の様子 photo by Yusuke Tsuchida
D. パークホテル東京 ホテルからの眺め
E. パークホテル東京 31階アーティストルーム「芸者金魚」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ