プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Artprice.com

Artmarket.com: オーダーメイドタイプのサブスクリプションの導入による大幅な収益増加への期待

Artmarket.com: オーダーメイドタイプのサブスクリプションの導入による大幅な収益増加への期待

AsiaNet 81931

パリ、2019年11月29日/PRニュースワイヤー/ —

ArtmarketはVahumana社とのジョイントプロジェクトである「Add a Zero」への取り組みを通じて、科学と理論のメソドロジーを援用したアート市場の経済の改革を推進します。

デジタル経済に大々的な革命ををもたらすことが予見されていた人工知能(AI)によって、まもなくArtmarket.comがオーダーメイド式のサブスクリプションを施行し、利用者や会員各位に向けてそれぞれのニーズに的確に応えるサービスを提供できる運びとなりました。

Artmarketの創立者兼CEO Thierry Ehrmannによれば「プロジェクトは莫大なポテンシャルを呈し、万単位を数える新規課金カスタマーの獲得が期待されています。現在Artprice by Artmarket.comでは、HD画像を取り入れた4タイプのサブスクリプションを提供しています(価格設定245~749ユーロ)。2020年初頭、Artmarket.comは数千種にのぼる完全カスタマイズサブスクリプションを新たに導入します。450万人の既存会員各位が180~3600ユーロの幅を持つ年会費に応じたサービスを享受できるようになります」。

人工知能とビックデータを巧みに援用したArtmarket.comが、Artpriceとして20年の期間に築き上げたデータの真の資産化を行います。これまでに弊社のデータベースやサービスを自由な形式で利用していながらも、既存の4種のサブスクリプションには有効性を見出せなかった500万近くの会員に向けて提供されます。このコミュニティにおいては、価格面というよりはパーソナルなサブスクリプションの不在が問題となっていました。すなわち、利用者各位の複雑でまったく個別な閲覧履歴に呼応したサービスの実現が焦点となっていました。

アート市場は、他業界の経済構造とは異なる高度に複雑な性質を有します。アーティスト、作品、媒体、オークションハウス、国、セールの開催地、バイオグラフィー、時期、アート運動や流派といった実にさまざまな要素が絡み合い、断片状の市場を構成しています。

このような特殊構造を考慮したArtprice by ArtMarket.comは、現行法を遵守したうえで約450万人のロイヤル会員による閲覧履歴や検索傾向を記録し、これに基づいて年会費180~3600ユーロの新しいサブスクリプションを提供する運びとなりました。各利用者が、自身の閲覧履歴と関心に基づいて提供されるパーソナルサブスクリプションを享受できるようになります。

数々の研究によると、人工知能とビックデータをB2CならびにB2B取引に援用することはただちに強力な販売成長に結実しています。ガーファ(GAFA)はいずれもビジネスモデルに人工知能を取り入れ、3桁代の売上成長を記録しています!

AI部門の欧州リーダーでTRSbグループ傘下のVahumana社との企業提携を通じて新しい「リソース」を得たArtMarket.comは、実質的なアドバンテージを獲得することでグローバルリーダーとしての地位を維持し、絶えざる技術進化に対応し続けることが可能になりました。これは、企業のビジネスモデルを現在の消費社会に呼応させ、質の高いオーダーメイドサービスを提供することにつながり、熾烈な生き残り競争を生き抜くためのキーを手に入れたことを意味します。

この一大プロジェクトの施行は、企業名義の変更と企業理念の拡大によって具現化され、新しいArtmarket.comのグローバルストラテジーの核に「メタデータ処理」を据えることでアート市場リーダーとしての存在を強化します。

Artprice by Art Marketの利用者ならびに非購読会員サイドから、自身の閲覧記録や発見、期待に応える高度にカスタマイズされたサービスの提供を強く望む声が寄せられています。このような状況において、オーダーメイドサービスの実現はわれわれにとって必須の事項でした。人工知能やビックデータがなければ、同様の要望に応えるためにはArtmarket.comのマーケティング部門の数百人の社員、ならびにほぼ制御不可能ともいえる規模のITバックオフィスが要されたことでしょう。

Artmarket.comのクライアントならびに非購読会員は、72万にのぼる全時代のアーティスト、1億8000万を数えるさまざまな媒体の作品に関する情報を獲得できます。2020年初頭には人工知能とビックデータにおける弊社とVahumana社の協力体制により、年間10億単位に上る問い合わせ(記録)がリアルタイムで複数のサーバールームに保存処理されるようになります。これがArtmarket.comによってシステム化され、Artprice.comの無料もしくはサブスクリプションベースのサービス対象とされます。このような技術的達成は、つい最近まで想像すらできず、財政面においても実現不可能なものでした。

というのも単なる情報ストックという側面を超え、計算速度や、国際法を厳格に遵守したうえでのリアルタイム行動分析が焦点とされます。

弊社の人工知能システムによって、利用者はリアルタイムで問い合わせにアクセスできるようになります。以前は、アクセスを許可されたコンピューターサイエンティストや計量経済学者がデータベース上の複雑なオペレーションを経て、ウェブ閲覧時には実現不可能な待ち時間とともに行われていました。今日、4G、Wi-Fi、光ファイバー、5Gを介したインターネットは40億にのぼる人々によって使用され、最新のテクノロジーはアメリカ、東アジア、ヨーロッパの各国ですでに利用され始めています。

Artmarket.comが再度「イノベーティブ企業」として国立レベルの認定を受けたことにより、 Artmarket.comとVahumanaにおける協働がフランス国立投資銀行の金銭支援を獲得しました。

弊社のサブスクリプション、製品、有料サービスがカスタマイズできるようになり、数百万に上るコレクター、アート市場に携わる業者に向けて、Artpriceの従来の4つのサブスクリプションではカバーされていなかった個々の要望とニーズに合ったソリューションを提供できるようになります。これは、グローバルアート市場においてかつてない地平を切り開く革新をもたらします。

いかなるマーケティング手段も人員の導入も用いることなく顧客数拡大につながることから、売上高に強い伸びが期待されます。健全な経営管理によってすでに収益上げているArtmarket.comにとって、このような売り上げ増はほぼ全面的に純益となります。

Vahumana社の戦略ディレクターArnaud Girardの談話によれば
「企業名がArtprice.comからArtmarket.comに生まれ変わり、会社定款に変更が成されたことにより、新たな展開に向けての基盤が敷かれました。
ArtmarketとVahumanaのジョイントプロジェクト「Add a Zero」は、科学と理論双方のパラダイムシフトに基づき、アート市場の経済的な視野を根底から変革させるものとなるでしょう。
プロジェクトは「情報市場」から「データ援用市場」への移行を反映し、Artmarket.comの鑑識と情報がアート市場全般において利用できるようになります。
毎年Artmarket.comは膨大な量のメタデータを生成、処理、分析しています(ファーストパーティならびにセカンドバーティ)。新たなテクノロジーの到来とともに、このメタデータが投影的に活用できるようになります。
Artmarket.comは横断的かつ相互接続的なビジョンに立って現代の社会経済を扱い、経済・技術における戦略とエクスペリエンスデザインを専門とする企業Vahumanaとの協働を通じて、自社のビッグデータの操作や活用へのアプローチを構造化していきます」。

Vahumana社の戦略ディレクターArnaud Girardは、結論として
「Artmarket.comとのコラボレーションを通じて、われわれはアートの世界に予見されている未来像に焦点を合わせ、大数の法則やエモーショナル面の理解に基づいて市場を把握できるようになりました。Artmarket.comをスマートデータの世界に導くことが弊社の使命です。Artmarket.comが客観性を提示する場に、Artmarket.comによる予測性が生み出されるでしょう」。

データが「既存のもの」に価値付けをする
ファーストパーティデータをはじめとするデータを活用することによって地平を切り開き、個別的なユーザーニーズに正確に応えるサービスや製品を提供できるようになるでしょう。
アートコレクターやアート関連業者、アーティスト各位が、パーソナルアレンジされて最善化されたコンテンツや機能を享受できるようになります。
Vahumanaによって、既存ならびに将来的なオペレーションシステム効率が改善され、最大のバリューが創出されます。  

データが「これからあるべき姿」を規定する
データ活用に付随する効用として、ほかの方法では予見することのできなかった思いがけない機会の創出が挙げられます。Artmarket.comならびにVahumanaは、「セレンディピティアプローチ」とでも名付けられるべき方法において、意外な研究結果が生み出され、有用な解釈が提案されるよう意図しています。データの量と質によって可能になる確率論が、これらの解釈の正当性を確認する役割を果たします。
Artmarket.comは戦略的なパラダイムに移行する手段を獲得しています。

データがわれわれを「ディープテック」へと導く
Vahumanaのテクノロジー部長Renaud Rochefolleの推進によれば、Artmarket.comのビックデータは強力な機械学習システムの構築、すなわち認知解析へと導かれます。
機械学習システムは、原因要素と可変的な予測間にある複雑な関係性をモデル化します。
スマートデータ戦略の施行により、情報のプロセッシングが最適化され、利用者と社内チームにとって有効で活用性の高いデータが供給されるようになります。

データによって人間の知識へと回帰する
新しい付加価値を有した提案をクリエイトし、もっとも有益な手段を特定するためには、データ由来の知識に、カスタマーのエモーションや予測外の行動に対する詳細な観察を結び付ける必要があります。データ資本主義だけでは十分ではありません。
VahumanaのデザインディレクターBertrand Cochetによれば「このよりエモーショナルで人間的なアプローチには根源的な原因の特定が要され、それにより問題の解決を行い、イノベーションへの道を切り開きます」。
カスタマーとその要望の細分化には、相対的な(かつ一過性の)安定性しか見られません。いつ何時外的な妨害要素が現れるか分かりません。
Artmarket.comはカスタマーの将来的なニーズに対して真摯に取り組み、ベストな方法でソリューションを提供できるよう尽力しています。
Arnaud Girardは 「コアビジネスを強化し、市場から読み取ることのできる周辺収入を倍増していく」ことを結論付けています。

Artpriceを創立し、Artmarket.comのCEOを務めるthierry Ehrmannの言によれば、「2000年初頭、名高い社会学者と歴史家で今は亡きRaymonde Moulinが、Raymond Aronとともにアート市場のコンセプト化を行い、「Artpriceの未来のいかんを問わず、Artpriceを率いる thierry Ehrmannがアート市場の歴史を変革していくことになるだろう」と考えていました。

それから約20年近くを経て、ArtpriceがArtmarket.comに生まれ変わった現在、このことばに思いをはせずにはいられません。大々的な技術的リサーチと開発の段階を終え、第二のステージに移行する時を実感しています。このためには、コンピューターの存在とストレージキャパシティにおける無限ともいえるリソースが要されています。

幸いにも、この新たな段階への移行を可能にする科学、技術的ソリューションはすでに手の届くところにあります。多大な経済効果を生み出す歴史的な第一歩を踏み出す準備が整ったといえるでしょう。Artmarket.comは21世紀にもっとも高い需要を示しているリソースを有します。誕生時から今日に至るアート市場上のほぼあらゆる歴史的データに弊社の歴史家によるコメントがつけられ、ITチームによって構造化されています。そして新たに、Vahumanaの誇る鑑識によって弊社のチームが強化されます。ピタゴラス学派の「すべては数字で表せる」という考えによせて、われわれはアート市場のあり方に変革をもたらしたいと考えています。現在のアート市場は、いまだに前世紀初頭の美術界の硬直化した規範と習慣によって支配されています」。

Copyright 1987-2019 thierry Ehrmann www.artprice.com – www.artmarket.com

Artmarketについて:
Artmarket.com は、Euronext Paris、SRD long only および Euroclear によってEurolistに記載されています。7478 – ブルームバーグ:PRC – ロイター:ARTF

動画でArtmarketとArtpriceを見る:https://en.artprice.com/video

Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEOthierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who’s who (c)内の公式バイオグラフィーを見る:
https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2019/10/biographie_oct2019_WhosWho_thierryEhrmann.pdf

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3000万件以上のアート指標とオークション結果、70万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice Images(R)は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8000を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7200)。450万人のログインメンバーが、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace®を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artprice by Artmarketによる2018年度グローバルアート市場報告は、2019年度3月に発表されています:
https://fr.artprice.com/artprice-reports/le-marche-de-lart-en-2018

ArtmarketとArtpriceによるプレスリリースのインデックス:
http://serveur.serveur.com/press_release/pressreleasefr.htm

フェイスブックとツイッターで、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:
https://www.facebook.com/artpricedotcom (フォロアー数450万人)
https://twitter.com/artmarketdotcom
https://twitter.com/artpricedotcom

ArtmarketとArtpriceのアルケミーの世界をご覧ください。: http://web.artprice.com/video 有名なOrgane現代美術館内のカオス邸に置かれたArtmarketと Artprice本部 のアルケミーと世界をご覧ください: https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

L’Obs – 将来の美術館:https://youtu.be/29LXBPJrs-o
https://www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999 (フォロアー数400万人)

https://vimeo.com/124643720
https://www.facebook.com/the.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999

Artmarket.com&Artpriceへのコンタクト:ir@artmarket.com

LOGO: https://mma.prnewswire.com/media/1009603/Art_Market_logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ