プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

木村情報技術株式会社

木村情報技術 塩野義製薬ホームページでの AI顧客問合せ対応システム提供開始

2019年12月2日

木村情報技術株式会社

木村情報技術 塩野義製薬ホームページでの AI顧客問合せ対応システム提供開始

 木村情報技術株式会社(本社:佐賀県佐賀市、代表取締役 木村 隆夫、以下「木村情報技術」)は、塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下「塩野義製薬」)に、AIを活用した自動会話プログラムで製品に関するお問合せに回答するAIチャットボット「DI chat (Drug Information Chatbot)」の提供を開始したことをお知らせします。本チャットボットでは、抗インフルエンザ薬ゾフルーザ®を対象として、塩野義製薬ホームページの医療関係者向けページでのお問合せに回答いたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201912024209-O1-byyFzafE

「DI chat」は、木村情報技術が開発したIBM Watson日本語版を活用したAIチャットボットに、塩野義製薬が作成したQ&Aを学習させることで、一問一答形式での回答を実現したAI顧客問合せ対応システムです。医療関係者からのお問合せをAIが理解し、最も質問の意図に近い回答を自動的に提示します。DI chatの導入により、24時間365日、夜間や休日のお問合せ対応も可能となり、医療関係者の情報収集チャネルおよび、利便性の向上が期待されます。

■木村情報技術について
木村情報技術は2005年の創業以来、医療分野を中心としたWeb講演会運営・配信サービスのパイオニアとして、地方の医師への新薬情報の円滑な提供等行ってまいりました。2016年4月からは、人工知能ビジネスへ本格参入。2016年11月には、AIお問合せシステム「AI-Q」(アイキュー)を販売開始しました。
https://www.k-idea.jp/

■塩野義製薬について
塩野義製薬は、「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」という基本方針の具現化のために日々取り組んでおります。この度のDI chat導入により、医療関係者が必要とする情報をタイムリーにお届けすることで、医薬品の適正使用を推進してまいります。
http://www.shionogi.co.jp/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ