プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xinhua Silk Road Information Service

Xinhua Silk Road:SERES SF5モデルが2019 Guangzhou Int’l Auto Exhibitionでデビュー

Xinhua Silk Road:SERES SF5モデルが2019 Guangzhou Int’l Auto Exhibitionでデビュー

AsiaNet 81923 (2409)

【北京2019年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】中国のEV新興企業SERESは、11月22日に開幕した第17回Guangzhou International Automobile Exhibition(広州国際自動車展示会)にスポーツカーの性能を備えた最新の電動SUVであるSF5の2モデルを公開した。

同社は同展示会で、SF5の完全電動バージョンと電動航続距離延長バージョンを公開し、両モデルとも同社開発の高効率な航続距離延長ジェネレーター、シャーシ、バッテリーパックを搭載している。

SF5完全電動バージョンは、90kWhバッテリーパックで駆動され、行動半径は500キロ以上に及ぶ。35kWhバッテリーパックを搭載する航続距離延長バージョンは、150キロの完全電動可能な航続距離を実現し、レンジエクステンダーが稼働すると充電および燃料補給が可能となり、ドライバーは長距離の航続を心配する必要がなくなる。

このほか、SERES SF5はスポーツカーと同等の性能を誇っている。同社開発の電動ドライブシステムで駆動されるSF5は最大出力510kw、最大トルク1040 Nmを達成し、航続距離延長バージョンは0-100km/hを4.8秒以内で達成する。両バージョンは前輪駆動と全輪駆動のモデルがある。

SERESによると、SF5は中国西部の四川、チベット、新疆の極端な気象条件下で約1万キロのドライビング体験を完了し、その技術的信頼性と製品品質を実証した。

2018年末から、同社は、ニュージーランドと、牙克石市、黒河市、トルファン市、三亜市などの中国都市で、500万キロにおよぶ運転試験を行ってきた。

SERESのシュウ・チェンチャオ執行副ゼネラルマネージャーは、自社開発のコアテクノロジーおよび製品改良によって、SERESは持続可能な開発を実現して、中国をリードする完全電動テクノロジーとインテリジェントな航続距離延長テクノロジーを保有し、これが同社の中核を成す競争力になっていると語った。

シュウ氏は外国ブランドとの競争に直面する新エネルギー車両企業について、重慶市を本拠とするこの中国EV企業は今後も、コアテクノロジーを開発基盤とし、顧客を製品製造の中心に据えていくと語った。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309648.html である。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656493-1
(キャプション:第17回Guangzhou International Automobile ExhibitionのSERESの展示スタンド)

ソース:Xinhua Silk Road Information Service

写真添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=352353

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ