プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人産業能率大学

産業能率大学スポーツマネジメント研究所「ラグビーW 杯日本大会に関する意識調査」を発表

2019年11月27日

産業能率大学

産業能率大学スポーツマネジメント研究所調査
ラグビーW杯日本大会に関する意識調査

産業能率大学スポーツマネジメント研究所(所長:中川直樹 情報マネジメント学部教授)は、11月2日に閉幕したラグビーワールドカップ2019日本大会に関し、成功だったと思うか、関心が高まったか、また活躍したと思う選手などを尋ねる意識調査を実施しました。調査の設計・分析は、同研究所の小野田哲弥研究員(情報マネジメント学部教授)が担当しました。調査は11月3日から11月6日までの4日間、インターネット調査会社を通じて実施し、全国の男女1万人から回答を得ました。

【注目の結果】
(大会の成否)ラグビーW杯は成功だった 74.0%

(日本代表の活躍満足度)日本代表の活躍に満足している 71.5%

(大会の成否)(日本代表の活躍)年齢が上がるほど成功・活躍と捉える割合が上昇

(活躍選手)活躍が目立ったと思う選手ランキング1位 リーチマイケル選手

(活躍選手)活躍が目立ったと思う選手ランキング県別1位 新潟:稲垣啓太選手、福岡:福岡堅樹選手

(観戦率)第1戦から徐々に観戦率が高まり準決勝南アフリカ戦がピークに
(ラグビーへの関心)ラグビーW杯を通じてラグビーへの関心が高まった 61.4%
さらに詳しい情報は、Webサイトの紹介ページをご覧ください。

【調査概要】
調査時期:2019年11月3日~11月6日
調査方法:インターネットリサーチ
サンプル:10,000人
属  性:男性5,028人/女性4,972人
20代1,596人/30代1,852人/40代2,378人/50代2,024人/60代2,150人

【産業能率大学】
https://www.sanno.ac.jp/

【産業能率大学スポーツマネジメント研究所】
https://www.sanno.ac.jp/undergraduate/sportsmanagementlab/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ