プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Bostik

Bostikが革新的な工業用接着剤Born2Bond(TM)をリリース

Bostikが革新的な工業用接着剤Born2Bond(TM)をリリース

Bostikは画期的な工業用接着剤Born2Bond(TM)シリーズを展開します。ドット状に塗布するこの新シリーズは、自動車、エレクトロニクス、ラクジュアリーパッケージ、医療機器、メンテナンスなどをターゲットにする工業用接着剤です。

AsiaNet 81499

【パリ2019年11月27日PR Newswire】今日、産業用接着剤はスマートフォンや医療機器、エレクトロニクス、輸送機器、ラグジュアリーパッケージの組み立てプロセスで用いられる代表的ソリューションとなっています。より精密で複雑なデザインの実現に取り組むエンジニアは、さらに高速で、瞬時の硬化プロセスを必要とするとともに、環境と健康、安全面についても、より厳格なルールを遵守しなければなりません。Bostikの革新的なBorn2Bond(TM)は、このような技術的チャレンジをサポートするために誕生しました。

Born2Bond(TM)ブランドの初シリーズはMECAベースの工業用瞬間接着剤となります。このシリーズの開発は、Bostikが先ごろ実現したUV硬化系樹脂の開発が目覚ましい新田ゼラチンとシアノアクリレート瞬間接着剤を専門とするAfiniticaのM&Aから実現されました。

これらの製品はこれまでにない特長を有します。特許取得済の低臭気特性は、より快適な製造環境を提供し、同時に白化抑制を実現できました。この工業用瞬間接着剤の新シリーズはオールマイティな性能を有し、大量生産を可能にします。

Bostikの工業用接着剤部門のグローバルマーケットマネージャーのポリヴィオ・ゴンサルヴェスによれば「Born2Bond(TM)は、クライアントがより効率的なプロセスを導入し、デザインの自由度を広げ、サステナビリティを継続するためのソリューションを提供し、革新的で安全性を高めた製品の追求を可能にします。Born2Bond(TM) というネーミングには、弊社製品の特性と理念が込められるとともに、その協同的な企業アプローチも反映しています。すなわち、弊社では各クライアントと緊密な関係性を築くことによって、クライアントのニーズに合わせたソリューションを開発し、次世代の製品を提供しています」。

70億ユーロのグローバル市場ポテンシャルを有するBostikは、Born2Bond(TM)ポートフォリオに加わる新たな製品リリースを見込んでいます。これには反応性ホットメルト接着剤やアクリルウレタン製品が含まれ、進化し続けるアプリケーションのニーズに応える包括的サービスを提供します。

Arkemaグループ傘下Bostikについて
Bostikは、建築、消費者用、工業用市場に向けた接着剤を提供するグローバルリーダーです。1世紀以上にわたって革新的な接着剤を開発し続ける企業は、日々使用されるさまざまな製品に向けて、より高性能で、ニーズに適したソリューションを提供しています。人がその一生において必要とする多種多様な製品にBostikのスマートな接着剤が使用されています。年商20億ユーロをあげる弊社は、世界40か国に6000人を雇用しています。
www.bostik.com

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1024252/Born2Bond.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/942760/Bostik_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ