プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Open Compute Project Foundation

OCP Future Technologies Symposiumに向けた論文募集を開始

OCP Future Technologies Symposiumに向けた論文募集を開始

AsiaNet 81870 (2375)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2019年11月26日PR Newswire=共同通信JBN】
*2020 OCP Global Summitで第3回OCP Future Technologies Symposiumを開催!

Open Compute Project Foundation(オープンコンピュートプロジェクト財団、OCP)は、第3回Future Technologies Symposium(以下、シンポジウム)が、2020年3月4日から5日まで、カリフォルニア州サンノゼで開催される2020 OCP Global Summit(以下、グローバルサミット)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2653562-1&h=2423977517&u=https%3A%2F%2Fwww.opencompute.org%2Fsummit%2Fglobal-summit&a=2020+OCP+Global+Summit )で実施されると発表した。シンポジウムは2020年3月3日、サミット前日に全日トラックとして行われる。グローバルサミットの参加者は全員、この全日セッションに無料でアクセスできる。どちらのイベントも、カリフォルニア州サンノゼのサンノゼコンベンションセンターで開催される。シンポジウムは、グローバルサミット期間中、ポスターセッションとして続けられる。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1018821/OCP_Logo.jpg

OCP Future Technologies Symposiumの目的は、業界が直面している将来的な問題の解決に焦点を当てたテクノロジーの先見的ファネルをOCPコミュニティーにもたらし、パートナーシップとオープンソースR&Dを通じた製品化を加速することである。研究、研修、採用を目的に、有望なクラス最高の学生たちをプロのコミュニティーに触れさせることには、二次的なメリットもある。グローバルなアカデミック、スタートアップ、ベンチャーコミュニティー、およびデータセンターテクノロジー関連の最先端の研究を行っている産業組織に参加が呼び掛けられている。

ドラフトペーパーは、OCP首脳、同財団の技術諮問委員会、OCPプロジェクトリーダーによって審査される。採用は、コンテンツとプログラム全体のバランスに基づいて決められる。採用されたドラフトの執筆者は、サンノゼのOCP Global Summitでポスターを掲示し、口頭で業績を発表する機会が得られる。優勝論文には1万ドルの賞金が贈られる。

提出の準備ができたら、ここをクリックしてLinklingsでアカウントの作成を。アカウントを作成すれば、論文の提出ができるようになる。

提出期限は、2020年1月10日金曜の午後5時(太平洋標準時刻)。

過去の提出論文、優勝者、および詳細については、以下を参照(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2653562-1&h=4275581558&u=https%3A%2F%2Fwww.opencompute.org%2Fevents%2Focp-symposium&a=here )。

論文提出に興味がある人向けに、ウェビナーが2019年12月5日午前9時(太平洋標準時刻)に開催される。これは録画され、ライブセッションに参加できない人のために、提出期限まで見ることができる。ウェビナーの登録は、以下をクリック(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2653562-1&h=1375178942&u=https%3A%2F%2Fregister.gotowebinar.com%2Fregister%2F3686481471504771340&a=here )。

#OCPSummit20

ソース:Open Compute Project Foundation

▽問い合わせ先
Dirk Van Slyke
dirkv@opencompute.org

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ