プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

トムソン・ロイター(Thomson Reuters)

トムソン・ロイターが初のChange Makersイニシアチブを日本で開始

トムソン・ロイターが初のChange Makersイニシアチブを日本で開始

AsiaNet 81822

【東京2019年11月22日PR Newswire】
*法律専門家のジェンダー多様性を推進

トムソン・ロイター(Thomson Reuters)は同社の世界的な多様性イニシアチブの一環として、Change Makers Japanを発足させる。Change Makers Japanは組織の最上部のジェンダーバランス改善に向けて深く関与し、行動を起こすため、主要なビジネスリーダーを結集する。発足イベントは2019年11月27日にグランドハイアット東京で開催される。

労働力の多様性はもはや不可欠であり、急激な変化の時代において競争力と長期勤務を保証するのに必要な、不可欠のビジネス慣行であるともいえる。しかし、Acritasが実施した最近のジェンダー多様性の調査によると、高い成績にもかかわらず、法律事務所での指導的立場に関して言えば、ジェンダー比率は男性に偏っており、ジュニアアソシエートとエクイティーパートナーとの間のドロップオフ率は51%に上っている。この低下傾向はビジネスサービス側の環境と相反している。

この調査結果はアジア太平洋地域の女性弁護士の現状を明らかにしている。調査結果は同イベントで紹介され、調査で観察された傾向の根本的要因についての議論する。また、このアジア太平洋地域の調査から導かれる望ましい解決策や、ジェンダー多様性に変化をもたらすためにそれらの解決策を日本の状況にいかに適用するかの方策も議題に上げている。

法律専門家のジェンダー平等を改善する最良の方法を探るため、同イベント開催に際し、トムソン・ロイターのChange Makers Advisory Board(Change Makers諮問委員会)メンバーの弁護士を含む同地域の企業や法律事務所の有力弁護士のパネルを結成した。

▽パネルについて
*崎村令子氏(クリフォードチャンス法律事務所、共同マネジングパートナー)
*大島葉子氏(GEジャパン、ゼネラルカウンセル)
*アリス・グラハム氏(マクロソフト、アシスタントゼネラルカウンセル)
*トニー・アンドリオティス氏(Quinn Emmanuel、パートナー)
*山川亜紀子氏(Vanguard Tokyo法律事務所、パートナー)

▽トムソン・ロイター(Thomson Reuters)について
トムソン・ロイターはビジネスに有効な情報を”活用”できる形でお届けするリーディング企業です。法律 x テクノロジー、税務・会計、輸出入管理、FTA、コンプライアンス管理業務に携わる専門家のため、世界で最もグローバルなメディアサービスであるロイターの情報と組み合わせ、専門性の高い情報をご提供しています。トムソン・ロイターの詳細についてはthromsonreuters.co.jpをご覧ください。

▽問い合わせ先marketingjp@thomsonreters.com

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191121/2650351-1

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ