プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xinhua Silk Road Information Service

Xinhua Silk Road:中国中部の武漢から日本への直航コンテナ輸送航路が11月28日に開設予定

Xinhua Silk Road:中国中部の武漢から日本への直航コンテナ輸送航路が11月28日に開設予定

AsiaNet 81675(2287)

【北京2019年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】Wuhan New Port Administration Committee(武漢新港管理委員会)によると、中国中部・湖北省の省都である武漢は、日本への直航コンテナ輸送サービスを11月28日に開始する。

武漢市は水路輸送のサイクルを短縮するための手段を取った。これまで地元商品は中国東部の沿岸大都市である上海に輸送され、そこから輸出されていたが、これにより輸送サイクルが長引き、2、3日を要することもあるためだ。

しかし、同市の対外貿易は近年急成長し、市の商品の80%は水路または空路で輸出されており、輸出品の直航輸送サービスは切実に必要とされている。

そのため、武漢は早くも3年前に日本と韓国への近海直航コンテナ輸送航路の青写真を描き、河川-海上直航輸送サービス用の500TEUコンテナ船の建造を推進した。

6月12日、武漢・日本直接輸送航路のための特注コンテナ船Central China Logistics Hanya 1(華航漢亜1)が進水した。この船は全長125メートル、幅20.8メートル、輸送容量は7900載貨重量トン(DWT)である。

COSCO Shipping Lines(Wuhan)Co., Ltd.のゼネラルマネジャーであるウー・シーチュアン氏は、武漢のマルチモデル・ジョイント輸送と中欧貨物列車を考慮すると、日本への直航コンテナ輸送サービスの開設は、武漢を経由する近海諸国から欧州への鉄道・水路輸送チャンネルを最適化することが可能だと述べた。

Wuhan New Port Administration Committeeの当局者は、この航路を通じて21st Century Maritime Silk Road(21世紀海のシルクロード)とSilk Road Economic Belt(シルクロード経済ベルト)とのより広範なつながりが構築される可能性があると述べ、それは急速に発展する地域貿易と中国中部および西部の貿易に喚起され増大しつつある輸送需要により良く応えることもできると付け加えた。

同委員会の当局者によれば、直航コンテナ輸送サービスは週1便の運航予定で、その後は運航状況によって増便する見通しである。

近年、武漢は長江の上中流地域の輸送ハブとしての役割を強化し続けてきた。2018年、武漢港のコンテナスループットは前年比15.31%増の156万3200TEUを超えた。今年1月から5月までの期間、前年同期比16.01%増の68万3000TEUのコンテナスループットが完了した。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309365.html を参照。

ソース:Xinhua Silk Road Information Service

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ