プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Vakrangee Limited

バクランジーの2019-20会計年度第2四半期決算

バクランジーの2019-20会計年度第2四半期決算

AsiaNet 81639(2271)

【ムンバイ(インド)2019年11月13日PR Newswire=共同通信JBN】
*総収入は17億2750万ルピーで、前期比17.28%増
*税引き後利益(純利益、PAT)は1億870万ルピーで、前期比39.10%増
*NextGenアウトレット総数は2万1000超-うち運用中8500、準備中1万2500超

Vakrangee Limited(VL、バクランジー)は、2019年9月30日に終了した四半期の未監査の決算を発表した。

▽主なハイライト-2019-20会計年度第2四半期(Q2FY2019-20)
*ネットワーク全体のストア収益性とサービス活性化に焦点を当てたことにより財務面で堅調な成長
*税引き後利益は、強力な営業レバレッジと税率低下の影響により前期比ベースで39.8%増
*強力な営業指標-NextGenの総スループットは約17%増加、取引数は前期比ベースで28%増

▽2019-20会計年度第2四半期の主な財務ハイライト(連結)
*総収入は17億2750万ルピーで、前期の14億7300万ルピーに比べ17.28%増
*営業収益は15億1850万ルピーで、前期の12億6780万ルピーに比べ19.77%増
*EBIDTA(利子、税金、減価償却、償却前利益)は2億460万ルピーで、前期の1億9260万ルピーに比べ6.20%増
*税引き後利益は1億870万ルピーで、前期の7810万ルピーに比べ39.10%増
*額面1ルピーのEPS(ベーシック、1株当たり利益)は0.11ルピーで、前期の0.07ルピーに比べ57.14%増

▽パフォーマンス・アップデート(最新の実績)
*NextGenアウトレットの総数は2万1000超。うち8500が運用中、1万2500超が実装プロセス中
*Nextgen Vakrangee Platform 取引額の四半期スループットは約375億ルピー
*21億米ドルの年間稼働率スループット-取引額-ベースは現在稼働中のNextGenアウトレット数
*NextGen Vakrangee Platformによる四半期の取引数約1510万件

▽Vakrangee Limited(BSE: 511431)(NSE: VAKRANGEE)について
1990年に創業したVakrangeeは、インド最大のラストマイル小売店の構築に重点的に取り組むユニークなテクノロジー主導型企業で、リアルタイムのバンキング&金融サービス、ATM、保険、eガバナンス、eコマース、物流サービスを、サービスが行き届いていない地方、準都市、都市の市場に提供している。Assisted Digitalコンビニエンスストアは「Vakragee Kendra」と呼ばれ、さまざまなサービス・製品を提供する「ワンストップ・ショップ」として機能している。

詳細は、Email: investor@vakrangee.in に問い合わせを。

ソース:Vakrangee Limited

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ