プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Itiviti

SMBC日興証券、執行サービス向上にItivitiのコネクティビティソリューションを採用

SMBC日興証券、執行サービス向上にItivitiのコネクティビティソリューションを採用

AsiaNet 81509

プレスリリース
2019年11月11日

2019年11月11日、東京ー世界の金融機関に先進的テクノロジーとサービスを提供するItivitiは、日本の大手証券会社のひとつであるSMBC日興証券が、JPXおよび地方市場取引に大容量・ローレイテンシーのマーケットコネクティビティソリューションを採用した、と発表しました。

SMBC日興証券は、Itivitiのマーケットコネクティビティソリューションを採用することにより、最良執行のための自社開発自動執行(アルゴ)システムおよび自己売買の執行を一元的に管理出来るようになります。また、Itivitiの障害復旧プランにより継続的な取引業務を確保します。

SMBC日興証券、エクイティビジネス開発部、部長、ジェイベドウ氏は次のように述べています。「Itivitiのソリューションは、我々のグローバル・トレーディング・ビジネスを支えるテクノロジーを効率的に管理し、我々の全世界の顧客へ最高レベルのサービスを提供することを可能にする。Itivitiの接続機能は我々が求めた機能、スピード、パフォーマンスを備えている。我々はItivitiのモジュラーテクノロジーにも価値を見出しており、取引手法拡大に伴い追加モジュールで対応出来ると考えている。」

「Itivitiが顧客にビジネス拡大を手助けするソリューションを提供できるということを、SMBC日興証券との協力関係が表している」オフィル・ゲフェン、シニア・バイス・プレジデント、Itiviti APAC代表は述べています。「SMBC日興証券との綿密な作業によって、当社はアジアで最も速いマーケットのひとつに対応したコネクティビティソリューションの実装に成功し、彼らの顧客が必要としている自動執行機能を導入する手助けとなった。SMBC日興証券との継続的なパートナーシップを楽しみにしている。」

Itivitiは、サンズエキスポ&コンベンションセンターで11月12日に行われるシンガポールFIXコンファレンスにバイサイドおよびセルサイド向けソリューションを展示しています。

SMBC日興証券について
SMBC日興証券は国際的なネットワークを通じて全ての顧客層に幅広い金融商品とサービスを提供する日本の大手証券会社のひとつです。

Itivitiについて
Itivitiは世界中の金融機関におけるトレーディングを変革します。当社が革新的テクノロジー、豊富な専門知識、サービスを提供することで、お客様にマーケットの機会を捉え、規制変更対応することを手助けします。

大手の銀行、証券会社、商社、機関投資家はItivitiのソリューションを活用することで、顧客サービス、市場接続、統合トレーディングプラットフォームと自動化を様々なアセットクラスで実現しています。

グローバルなテクノロジー及びサービスプロバイダーである当社は、最新の革新的で一貫した信頼性の高いコネクティビティとトレーディングソリューションを提供しています。

Itivitiはすべての主要金融センターをカバーし50ヶ国以上にわたる約2,000社にサービスを提供しています。

詳細については、www.itiviti.comをご覧ください。

ItivitiはNordic Capitalが所有しています。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ