プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本ビジネス開発株式会社

IT白書 令和元年版/平成最終版(2019年版) 発刊

2019/11/11

日本ビジネス開発株式会社

IT白書 令和元年版/平成最終版(2019年版) 発刊

発行日
: 2019年10月6日
ISBN
: 978-4-908813-24-5
ページ数
: A4判250ページ
価格
: 38,000円(本体価格)

― 生まれ変わる時代-旗幟を鮮明にする「IoTの日立」&「AIの
ソフトバンク」 ―

AI・IoT・BD(ビッグデータ)及び5G(次世代通信規格)の本格化は新たなIT革命の始まりとなる。これは従来の企業活動、仕事の仕組み、働き方を根本から変える大転換点、すなわち“生まれ変わる時代”でもある。2019年版は副題に“生まれ変わる時代-旗幟を鮮明にする「IoTの日立」&「AIのソフトバンク」”を掲げた。http://www.jbd-corp.co.jp
これらの時代背景の下、多くの企業を及び起業家がその対応の重要性を認識しているが、そのなかでもAI、IoTを事業の軸にすることを明確に打ち出した両社の戦略を巻頭部のⅠにおいて総括し、令和元年版/平成最終版(2019年版)の結論とした。
本文は下記4章で構成・編集した。
Ⅰ.生まれ変わる時代-旗幟を鮮明にする「IoTの日立」&「AIのソフトバンク」
Ⅱ.ITビジネスケーススタディ
Ⅲ.最近時の新興市場上場IT企業一覧
Ⅳ.大手のIT企業の戦略ポイント
Ⅱは、弊社独自に5大分類、16中分類、41小分類し、300超の事例で構成した。Ⅲは、2018年8月1日~2019年7月31日の新興市場上場TI関連企業38社を対象に、売上高・利益ランキングなどを整理分析した。Ⅳは、日立製作所、NEC,富士通、パナソニック、ソニー、NTT、KDDI、ソフトバンクグループ8社の最新動向を示した。
当IT白書は、1996年2月に本邦初の「インターネットビジネス白書」名で創刊、2000年から書名を「IT白書」に変更して収録領域を拡大、本版でシリーズ第25弾となる。最新の吟味・厳選したビジネス事例、ITベンチャー動向、大手IT企業の戦略トピックス及び関連データを網羅、さらに最近1年間のIT事象の結論的総括を提示、革新を続けるIT潮流の“ツボ”を外さない1冊として好評を博している。
*AI=Artificial Intelligence(人工知能)、IoT=Internet of Things(あらゆるものがインターネットにつながる)、BD=Big Data(データ塊-かたまり)

※尚、弊書は国立国会図書館の調べ方案内「情報通信業について調べるには(統計・名鑑・インターネット情報源等)」で紹介されています。
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102575.php

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ