プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

JNA Awards

2020年JNA賞は引き続き業界リーダーから強力な支持を得る

2020年JNA賞は引き続き業界リーダーから強力な支持を得る

AsiaNet 81517 (2219)

【香港2019年11月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*HeadlineおよびHonoured Partnerがパートナーシップを更新

JNA賞は2020年の第9回JNA賞は、Headline Partnerである周大福ジュエリーグループ(Chow Tai Fook Jewellery Group)、Bahrain Institute for Pearls and Gemstones(DANAT)および上海ダイヤモンド取引所(SDE)とHonoured PartnerであるKGK GrouおよびChina Gems & Jade Exchange(CGE、中国宝玉石取引所)の支援を受けると発表した。2020年JNA賞のパートナー更改調印式は9月17日に行われた。

マルチメディア・ニュースリリースは以下を参照:
https://www.prnasia.com/mnr/jna_201911.shtml

Video – http://cdn4.prnasia.com/002071/mnr/201910/jna/video.mp4

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191106/2634162-1-a

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191106/2634162-1-b

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191106/2634162-1-c

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191106/2634162-1-d

Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191106/2634162-1LOGO

周大福ジュエリーグループのケント・ウォン・マネジングディレクターは「周大福は9年連続でJNA賞のHeadline Partnerであり、イノベーションとベストプラクティスによってジュエリー業界を前進させるという賞のミッションを共有している。仲間のパートナーと協力し、われわれはジュエリー業界の持続可能な発展を促進するよう取り組みを続ける」と語った。

上海ダイヤモンド取引所(SDE)理事長兼マネジングディレクターのリン・チャン氏は「現在、業界は一連の課題に直面しており、JNA賞がジュエリー業界を推進し業界内に楽観論を促し続けることが重要である。このプログラムに一層強力なサポートを提供するよう、賞のパートナーが緊密に協力するべき時だ」と述べた。

JNA賞会長でInforma Marketsのジュエリー・ビジネス開発ディレクターでもあるレティシア・チョウ氏は「パートナーによる継続的なサポートは、ジュエリー業界におけるJNA賞の重要性と拡大する影響力の証左である。われわれはともにこのイベントをより包摂的かつ重要なものにし、業界にポジティブな要素と成果を引き出すことを目指す」と語った。

KGK Groupのサンジャイ・コタリ副会長は「ヘンリー・フォード氏の有名な言葉を引用すれば『全ての人々が一緒に前進すれば、成功は向こうからやってくる』。KGKがJNA賞と手を組み始めて数年になるが、これまでの旅は素晴らしいものであり、今年も充実したものになることを確信している。協力によってわれわれは業界の最も上質な部分を体験し、業界に貢献することができる」と述べた。

CGEの共同創設者、取締役、執行副社長であるサイモン・チャン氏は「China Gems & Jade ExchangeがJNA賞のパートナーになることは大変栄誉なことだ。今後は、原石産業のイノベーションと発展を推進し未来に輝かしいレガシーを残すため、CGEは賞との緊密な協力を継続する」と語った。

Informa Marketsが主催するJNA賞は業界内の卓越性、ベストプラクティス、イノベーションを促進するというミッションを掲げ2012年に創設され、世界のジュエリー・原石業界で最も栄誉ある有名な賞プログラムの1つとみなされている。

2019年JNA賞式典とガラディナーは9月17日、11部門で16人の受賞者を表彰し、500人を超す業界リーダーおよびエリートが出席した。

▽問い合わせ先
JNA Awards Marketing
Informa Markets
+852 2516-2184
marketing@jnaawards.com

ソース:JNA Awards

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=350192
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=350195
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=350196
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=350197

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ