プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Suning Holdings Group

Suning.comが力強い成長を報告、今年第1-3四半期売上高は2000億元超

Suning.comが力強い成長を報告、今年第1-3四半期売上高は2000億元超

AsiaNet 81377 (2143)

【南京(中国)2019年10月31日PR Newswire=共同通信JBN】Suning Holdings Groupが所有する中国最大のオンラインツーオフライン(O2O)スマートリテール業者Suning.com(002024.SZ)は10月30日夕、2019年第3四半期決算報告を発表した。報告によると、同社は2019年第1-3四半期に2010億人民元の売上高を達成した。オムニチャネル商品の販売高は2795億人民元、うちオンラインプラットフォームからの販売高は1714億3000万人民元で前年同期比24.27%増。株主に帰属する純利益は119億人民元だった。

Suning.comはオンラインとオフラインで顧客を獲得する機能を引き続き強化している。9月30日時点で、Suning.com小売プラットフォームの登録メンバーは4億7000万人に達した。Suning.comは合計8407の直営店とフランチャイズ店を擁している。報告期間中、Suning.comのアクティブユーザーは前年同期比で48.29%増え、Suning.comオンライン商品の注文(Suning.com Tmall旗艦店を除く)は61.83%増加した。

同社はWanda Department StoreとCarrefour Chinaの買収に続き、フルシナリオのレイアウトをさらに強化し、中国の小売業界で最も包括的なビジネスフォーマットを徐々に構築した。

Suning.comは9月末、Carrefour China株式の80%取得を正式に完了した。これは、日用消費財(FMCG)部門のサプライチェーン構築完成への同社の取り組みのマイルストーンである。現在、Suningスーパーマーケット、オフラインのCarrefourスーパーマーケット、SuFreshブティックスーパーマーケット、Suning Xiaodian(近隣のコンビニエンスストア)のフルシナリオネットワークカバレッジを形成している。Suningファミリーの新メンバーとして、全国のCarrefour Chinaの210店舗が年内に完全なアップグレードを開始する。Carrefourのサプライチェーン機能の導入は、大規模調達の利点を効率的に活用し、Suning.comのFMCGカテゴリーの急速な発展を促進する効率的倉庫割り当てシステムの確立をサポートする。

Suning.comは今年第1-3四半期に、物流、テクノロジーなどのコア機能構築への投資を増やし続け、今後10年間の成長のための強固な基盤を築いた。

物流インフラに関しては、2019年9月末までに、Suning Logisticsの倉庫と関連サポート施設の総面積は1100万平方メートル超だった。41の都市にある50の物流拠点が稼働中で、17の都市で23の物流拠点が建設・拡張中である。Carrefour Chinaの新たに統合された8つの大型配送センターが加わり、Suningの物流サプライチェーンの競争力は大幅に向上した。

Suning.comは強力な物流機能に基づき、今年11月11日のショッピングフェスティバルで、特定地域の顧客が購入した商品を30分から1時間で受け取ることができるようにする「One-Hour-Scenario Life Circle(1時間シナリオライフサークル)」計画を発表した。

テクノロジー面では、Suningはテクノロジーサポート機能を強化し、サプライクラウド、ユーザークラウド、マーケティングクラウド、物流クラウド、金融クラウドを構築して、Suningの直営店事業とスマートリテール機能の急速な発展を促進するスマートリテールOSをつくり出した。Suningは今年1月から9月、研究開発に前年同期比61.14%増の24億元以上を投資した。

▽Suningについて
1990年に創設されたSuningは中国有数の商業企業で、中国と日本に上場企業2社がある。Suning Holdings Groupは2019年、6025億元(約772億4000万ユーロ)の年間売上高によって中国非国有企業トップ500社の上位3ブランドにランクされ、インターネットリテーリング分野での首位を継続した。Suningは「全ての人のために一流の質の生活を創造することにより、業界全体のエコシステムを主導する」との使命を持って、商業用不動産、金融サービス、スポーツなど多くの垂直事業から成る企業エコシステムを通じてリテールとしてのコアビジネスを強化し、拡大してきた。オンラインとオフラインのリテーリングを開拓した主要子会社Suning.comは2017年から2019年まで3年連続でFortune Global 500のリストに入った。

ソース:Suning Holdings Group

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ