プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CODE42

「サービスとしての自動輸送」スタートアップのCODE42がプリA資金調達で2500万米ドル獲得

「サービスとしての自動輸送」スタートアップのCODE42がプリA資金調達で2500万米ドル獲得

AsiaNet 81296 (2108)

【ソウル(韓国)2019年10月30日PR Newswire=共同通信JBN】今年3月に設立された「サービスとしての自動輸送」スタートアップのCODE42は30日、韓国の大手複合企業のKia Motors(起亜自動車)、SK、LG、CJからの投資によるプリA資金調達で2500万米ドル(300億ウォン)を集めたと発表した。CODE42は3月、現代自動車(Hyundai Motor Company)から170万米ドル(20億ウォン)のシード期投資を得ていた。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191025/2622305-1
(写真説明:9月30日、CODE42投資調印式に出席するため、韓国のソウル江南区のSERVEONE Buildingに集まった(左から)SK Telecomのヨンサン・ユ副社長(MNO Biz部門責任者)、Kia Motorsのハヌ・パク社長兼CEO(最高経営責任者)、CODE42のチャンヒョン・ソンCEO、LG ElectronicsのI・P・パク社長兼CTO(最高技術責任者)、CJ Corporationのギョンムク・イム最高戦略責任者)

Kia Motorsはリード投資家として同取引に1250万米ドルを投入した。韓国のスタートアップ市場のプリAラウンド資金調達で、2500万米ドルの投資は最大級の規模になる。これまでは通常1000万米ドル以下だった。

新たに調達した資金は、CODE42のコアUMOS(Urban Mobility Operating System、都市交通運営システム)プラットフォームの開発完了、ならびにグローバルな「サービスとしての自動輸送」エコシステムであるUMOS Connectの構築に活用される。「サービスとしての自動輸送」のイネーブラーとしての貢献を約束するUMOSプラットフォームは、自動車送迎サービスからロボタクシー、スマート物流、電子商取引に至るあらゆる段階のモビリティーおよび物流サービスにまたがる自動運転車、ドローン、配送ロボットなど未来のさまざまなモビリティーを統合することが狙いだ。

CODE42のチャンヒョン・ソン最高経営責任者(CEO)は「この投資は、業界最高のわれわれの技術に対する投資家の信頼の証しであり、われわれはパートナーのインフラストラクチャーやサービス能力を生かし、次世代のモビリティーおよび物流サービスのプラットフォームを構築することができる。自動運転やマッピング技術、配送、フリート管理、次世代車内インフォテイメント、関連接続の分野で投資企業と密接に協力していく」と語った。

CODE42は、韓国のソウルに本社を置く「サービスとしての自動輸送」スタートアップであり、元Naver最高技術責任者(CTO)のチャンヒョン・ソン氏が2019年3月に設立した。ソン氏はNaverのCTOやNaver LabのCEOとして、HPやマイクロソフト、Apple(を含む多国籍IT企業と革新的なソフトウエア・エンジニアリングを構築した実績があり、AIスピーカーのClovaや車内インフォテイメントサービスのAWAY、Papago、自動運転技術、HDマッピング、ロボティクス・ソリューションなどさまざまな革新的プロジェクトを立ち上げ、CES 2019で披露している。

ソース:CODE42

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ